投資全般 不動産投資

【ローランド投資(ランドバンキング)】未開発地域を安く買って、開発後に高く売る投資。利回りは?デメリットは?

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。

先日資産運用会社へ相談に行ったこと記事を書きましたが、その際にローランド投資という商品を紹介されました。

初めて聞いた言葉だったので、整理も兼ねてローランド投資についてまとめてみたいと思います。

IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)に資産運用の相談に行ってきました

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 これまで自分自身で資産運用をしていましたが、第三者に一度現状を相談してみたいなと思い、先日から金融の専門会社のアドバイザリーを受けることにしました ...

続きを見る

こま
この記事は投資に興味のある方、ローランド投資という言葉を初めて聞いた方におすすめです。

ローランド投資とは

ローランド投資とは、今後開発が見込まれる土地を安いうちに購入しておき、土地開発が進んだ後に売るという手法です。

別名ランドバンキングとも言うみたいですね。

現在は北米地域(アメリカやカナダ)への投資が盛んで、こうした事業では米ウォルトン社がリーディングカンパニーのようです。

部屋のオーナーとローランド投資の違い

区分所有やマンション経営とローランド投資はどちらも不動産投資ですが、部屋のオーナーは「毎月家賃を得る」インカムゲイン重視、ローランド投資は「安く買って高く売る」キャピタルゲイン重視の投資となります。

 

ローランド投資のメリット

高い投資効果が期待できる点です。

2016年の記事ですが、下記にウォルトン社のインタビュー記事が掲載されています。

最短2.33年から最長19.08年、平均は8.71年と長期保有ですが、土地所有者にお戻ししている還元額の倍率は最低でも1.19倍、最高7.91倍で平均が2.44倍で、これまでに19億カナダドル(約1,700億円)を共同土地所有者および出資パートナーに還元してまいりました。

引用:世界の資産運用ガイド

上記の引用分を見ると、ローランド投資は案件によって投資期間や還元倍率に幅がありますが、私が見せてもらった直近の実績では幅は縮まってきた印象でした。

余裕資金であれば投資先として面白そうですよね。

 

ローランド投資のデメリット

実はこのローランド投資、けっこうデメリットもあります。手軽ではないと言う点です。

以下挙げてみます。

  • 最低ロットが1万ドル(≒110万円)以上
  • 売るタイミングは多数決(共同所有のため)
  • 途中解約できない(オーナー希望者を見つけて売却は可)
  • 情報を仕入れにくい
  • 投資できる窓口が限られている

どうでしょうか?

まとまったお金も必要ですし、自分の好きなタイミングで売却もできないとなれば勇気が入りますよね。

 

まとめ

以上、「【ローランド投資】未開発地域を安く買って、開発後に高く売る投資。利回りは?デメリットは?」でした。

最後にローランド投資についてポイントをまとめてみます。

  • キャピタルゲインを狙う不動産投資
  • メリットは高い還元倍率が期待できること
  • デメリットは気軽に投資ができない、自由度が低いところ

まだまだ日本では認知度が低い(と思われる)ローランド投資。

投資先の一つとして面白そうな商品だなと感じました。

こま
最後まで読んでいただきありがとうございました!





オーストリア:ウィーン金貨

コイン収集・投資 投資全般

【金貨投資】ウィーン金貨(オーストリア)の特徴と種類、購入方法

こんにちは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 私は昨年から現物資産として金貨(銀貨)に収集を兼ねた投資をしています。 元々は自分の資産に金(ゴールド)を組み入れることが ...

カナダ メイプルリーフ金貨

コイン収集・投資 投資全般

【金貨投資】メイプルリーフ金貨(カナダ)の特徴と種類、購入方法

こんにちは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 私は昨年から現物資産として金貨(銀貨)に収集を兼ねた投資をしています。 元々は自分の資産に金(ゴールド)を組み入れることが ...

コイン収集・投資 投資全般

【金投資なら金貨】金貨の種類や魅力やメリット・デメリット

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 私は昨年から現物資産として金貨(銀貨)の収集を始めています。 元々は自分の資産に金を組み入れることがきっかけだったのですが ...

投資全般

【新型コロナウイルス(COVID-19)】スペイン風邪は日本では翌年にも再流行。投資再開は慎重に

30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 別記事にて米国の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者数(人数・増加率)、死亡者数の推移グラフを公開していますが、アメリカでは ...

投資全般 米国株

グローバル3倍3分法ファンドとVOOの比較 新型コロナウイルスの影響は?

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 以前から何度か記事にしていますが、米国S&P500連動のETF「VOO(バンガード・S&P500 ETF) ...

友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!



-投資全般, 不動産投資

Copyright© 30代独身男こまの節約・投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.