投資全般 米国株

【S&P500連動の米国ETF】VOO、IVV、SPY比較 オススメ銘柄は?

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。

米国の株価指数S&P500連動に連動したETFは大変人気があります。

中でも大手ETF運用会社の2社が運用する「バンガード・S&P500ETF(VOO)」「iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)」「SPDR S&P500 ETF(SPY)」については、どの銘柄を買うか迷いますよね。

今回はそれぞれのETFについて比較をしていきたいと思います。

結論から先に言いますと、私は「バンガード・S&P500ETF(VOO)」に投資しています。

【VOO】バンガード・S&P 500 ETFは米国ETFの代表格

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回は米国の株価指数S&P500に連動するETF「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」について紹介いたします。 こまバンガ ...

続きを見る

【IVV】iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(ブラック・ロック社)

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回は米国の株価指数S&P500に連動するETF「iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)」について紹介いたします。 ...

続きを見る

【SPY】SPDR S&P500 ETF|S&P500 ETFの元祖

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回は米国の株価指数S&P500に連動するETF「SPDR S&P500 ETF(SPY)」について紹介いたします。 こまSPDR ...

続きを見る

各ETF比較

チャートでの違いは?

上記は2015年からの「VOO」「IVV」「SPY」のチャートをまとめたものですが、ベンチマークが一緒ということでほとんど違いはありませんね。

これではどれを選ぶか判断は難しいです。

概要比較

SPYVOOIVV
設立1993年1月22日2010年9月7日2000年5月15日
信託報酬0.09%0.03%0.04%
ETF純資産2,603.35億米ドル905.94億米ドル1,607.42億米ドル
保有銘柄数505509505

歴史や純資産で見ると「SPY」に軍配が上がります。

その一方で信託報酬では「VOO」は0.03%、「IVV」は0.04%と、「SPY」の半分以下になっています。

こま
2019/4/26付で「VOO」が信託報酬を0.04%から0.03%に引き下げました!「IVV」も今後引き下げるかもしれません!

 

保有上位銘柄

SPYVOOIVV
1位アップルアップルアップル
2位マイクロソフトマイクロソフトマイクロソフト
3位アマゾンアマゾン・ドットコムアマゾン・ドットコム
4位バークシャー・ハサウェイアルファベットバークシャー・ハサウェイ
5位ジョンソン&ジョンソンフェイスブックジョンソン&ジョンソン
6位JPモルガン・チェースバークシャー・ハサウェイJPモルガン・チェース
7位フェイスブックJPモルガン・チェースフェイスブック
8位エクソン・モービルエクソン・モービルエクソン・モービル
9位アルファベット・クラスCジョンソン&ジョンソンアルファベット・クラスC
10位アルファベット・クラスAバンク・オブ・アメリカアルファベット・クラスA

セクター別構成比

SPYVOOIVV
1位情報技術情報技術情報技術
2位ヘルスケアヘルスケアヘルスケア
3位金融金融金融
4位一般消費財・サービス一般消費財・サービス通信
5位通信資本財・サービス一般消費財・サービス
6位資本財・サービス生活必需品資本財・サービス
7位生活必需品エネルギー生活必需品
8位エネルギー不動産エネルギー
9位公益事業公益事業公益事業
10位不動産素材不動産

保有銘柄やセクターもほぼ同じといって良いでしょう。

三者の間に大きな違いは見られません。

 

私は信託報酬を重視!

三者の中で、「SPY」は運用期間や純資産の面で優れており、「VOO」「IVV」は信託報酬が少ない特徴があります。

この中で私が重視したのは信託報酬です。

0.04%、0.09%どちらもかなり低い比率ではありますが、長く運用していく上ではこのわずかな差も後々影響してくるかな?という判断からです。

そうなると「VOO」と「IVV」のどちらかになるのですが、正直この両者については適当に選びました笑

この両者については、好みで選んでも問題のないレベルではないかと考えています。

 

おわりに

以上、「【S&P500連動ETF】VOO、IVV、SPY比較 オススメ銘柄は?」でした。

今は株価が低迷していますが、逆に投資するチャンスとも言えます。

狙っていた銘柄を購入するチャンスを逃さないようにしましょう!

 

VOO、IVVに投資するならネット証券がおすすめです!

VOO、IVVへの投資を検討されている場合、証券会社は楽天証券・マネックス証券・SBI証券のネット大手3社がおすすめです。

この3社は米国株の手数料が業界最低水準で、取り扱い銘柄数も豊富です。

>>楽天証券

>>マネックス証券

>>SBI証券

友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!



  • この記事を書いた人

こま

30代独身男、都内勤務の会社員こまです。日々の節約や収入アップを模索しつつ、余裕資金を株や金・不動産などに投資しています

お金は生活する上でとても大切なものだからこそ、色々知識を増やしていくことが必要だと考えています。

お金に興味を持った方が、このブログを活用していただければ嬉しいなと思います!

詳細プロフィールはこちら

-投資全般, 米国株

Copyright© こまの節約・投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.