投資全般 米国株

【銘柄比較】「VOO」と「グローバル3倍3分法ファンド」

投稿日:

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。

今回は米国S&P500との連動を目指す、米国インデックス投資の王道ETFである「VOO(バンガード・S&P500 ETF)」と、世界の株・REIT・債券に3倍のレバレッジをかけて投資する「グローバル3倍3分法ファンド」の値動きを比較してみました!

こま
この記事は「VOO」と「グローバル3倍3分法ファンド」の比較内容を掲載しています。

「VOO」と「グローバル3倍3分法ファンド」について

VOOについて

米国大手運用会社バンガードが設立した銘柄で、S&P500への連動を目指す米国を代表するETFの一つです。

同じS&P500連動銘柄には「SPY」「IVV」がありますが、2019年6月時点では「VOO」の経費率がもっとも低く、推しのETFです。

 

●「VOO」の詳細記事はこちら

【VOO】バンガード・S&P 500 ETFは米国ETFの代表格

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回は米国の株価指数S&P500に連動するETF「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」について紹介いたします。 こまバンガ ...

続きを見る

 

●「VOO」「IVV」「SPY」の比較記事はこちら

【S&P500連動の米国ETF】VOO、IVV、SPY比較 オススメ銘柄は?

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 米国の株価指数S&P500連動に連動したETFは大変人気があります。 中でも大手ETF運用会社の2社が運用する「バンガード・S&P500E ...

続きを見る

 

グローバル3倍3分法ファンドについて

一言でいうと、世界の株式とREIT、債券に3倍のレバレッジをかけて運用する投資信託です。

3倍のレバレッジをかけることでボラティリティは高まるのですが、構成銘柄の2/3を国債にすることで不景気時にも安定した成績を残せるような設計がなされています。

 

●グローバル3倍3分法ファンドについての詳細記事はこちら

【グローバル3倍3分法ファンド】レバレッジ3倍で世界の株式・REIT・債券に分散投資

こんばんは!こま(@koma_piece01)です。 今回は面白い投資信託について、自分自身の整理も兼ねて記事にしたいと思います。 その名も「グローバル3倍3分法ファンド」です! こま投資信託はETF ...

続きを見る

 

「VOO」と「グローバル3倍3分法ファンド」の比較

上記はグローバル3倍3分法が設立された2018年10月4日を基点(10,000)として比較したチャートです。

 

2018年10月4日〜12月25日の下落局面

  • VOO:-16.9%
  • G3倍3分法:-6.5%

このタイミングは、ちょうどS&P500が当時の史上最高値を更新し、その直後から年末にかけて株価の暴落が起きたタイミングです。

VOOは年末にかけて16.9%下落したのに対し、グローバル3倍3分法ファンドは6.5%下落しました。

こま
この期間はグローバル3倍3分法ファンドの圧勝ですね!

 

2018年12月25日〜2019年4月26日の上昇局面

  • VOO:+21.8%
  • G3倍3分法:+19.6%

2018年12月25日を底値をつけたあとにS&P500は反転急上昇し、5月のゴールデンウィーク前には史上最高値(当時)を更新しました。

この上昇局面ではVOOは21.8%の上昇、グローバル3倍3分法ファンドは19.6%の上昇です。

こま
この期間ではVOOが2.2%の差をつけて勝利!

 

2019年5月7日〜6月3日の下落局面

  • VOO:-4.7%
  • G3倍3分法:-2.3%

この期間はトランプ大統領が対中国に対して関税を発動することをツイートしたことに端を発した貿易戦争による下落です。

こま
この期間はグローバル3倍3分法ファンドが2.4%の差で勝利です!

 

2019年6月3日〜6月21日の上昇局面

  • VOO:+7.6%
  • G3倍3分法:+5.7%

米中貿易戦争は依然解決していないものの、FRBによるアメリカ政策金利の利下げ観測が当初より強まったことを株式市場は好感して株価が上昇している期間です。

こま
この期間はVOOが1.9%差で勝利!

 

2018年10月4日〜2019年6月21日の比較とそれぞれの特徴

  • VOO:+2.0%
  • G3倍3分法:+14.7%

グローバル3倍3分法ファンドが設立されてからの期間をVOOと比較してみると、グローバル3倍3分法ファンドが12.7%で圧勝という結果になりました。

ただ、どんな今回の対象期間では下落局面は3回ありましたが、大きく差がついたのは2018年10月から年末の期間だけでした。

もしかしたらこの期間だけ特別な要因があったとも考えられます。

また、それぞれの特徴を見てみると、VOOは上昇局面に強く、グローバル3倍3分法ファンドは下落局面に強い傾向があります。

下落局面が少ない期間で比較をすればVOOに軍配が上がることもあると思います。

 

グローバル3倍3分法ファンドの注意点

現時点で償還期間が2028年9月21日まで

現時点でグローバル3倍3分法ファンドの信託期間は「2028年9月21日まで」となっており、償還まで10年を切っています *1。

下落局面に強く、上昇局面でもVOOに近いパフォーマンスを出してくれる投資信託なので、この期間設定は残念です。

ただし、グローバル3倍3分法ファンドはその仕組み自体が新しく、新たな取り組みということで、運用額がどれほど集まるかが不透明だったために運用期間が設定されていた可能性があります。

現在純資産額は730億円を超えていますし、何よりこの投資信託は長期投資こそ生きる内容かと思いますので、運用期間が延長される可能性は十分にあると見ています。

*1 日興アセットマネジメント「グローバル3倍3分法ファンド」より

 

信託報酬が0.4752%と高い

VOOは信託報酬は0.03%ですので、その差は15倍ということになります。

レバレッジを3倍かけていること、株価下落時のリスクヘッジとして債券にも投資していることと、この信託報酬の差をどう捉えるかは考え方にもよるかもしれません。

 

おわりに

以上、「【銘柄比較】「VOO」と「グローバル3倍3分法ファンド」」でした。

私自身もグローバル3倍3分法ファンドを購入していますが、株価下落局面でも強いのは実感しています。

 

●↓テーマ投信との比較なので参考にならないかもしれませんが、株価下落局面でもプラスを維持しています。

【楽天ポイント投資】グローバル3倍3分法ファンドは下落局面にも強い!?

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 今回は楽天ポイント投資の定期報告です。 手持ちの現金は使わず、楽天スーパーポイントのみで投資しています。 こま米中貿易戦争 ...

続きを見る

 

トータルリターンについてはまだなんとも言えませんが、グローバル3倍3分法ファンドは「含み損になりにくい銘柄」と言えるかもしれません。

特に投資に慣れていない場合は、含み損になりにくいと安心できますよね。

こま
最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
いつもクリック応援ありがとうございます!感謝です!


友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!


-投資全般, 米国株

Copyright© 30代Webディレクターこまの倹約・投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.