投資全般 ウェルスナビ

ウェルスナビの特徴・運用成績報告・口座開設の手順まで|ロボアド全自動資産運用サービス

2018年10月23日

こんにちは!Webディレクターのこま(@koma_piece01)です。

投資の世界では、AI(ロボアドバイザー)による全自動投資サービスが浸透してきています。

この記事では、そうしたAI投資の筆頭ともいえる「ウェルスナビ」について紹介します。

こま
この記事でわかることを簡単にまとめました。
  • ウェルスナビの強み(メリット)
  • ウェルスナビのデメリット
  • 私のウェルスナビ運用状況
  • ウェルスナビの口座開設方法

気になる方はぜひ読み進めていただければと思います!

ウェルスナビとは?

AI(ロボアドバイザー)による長期自動運用

サービスを受ける人間は、投資方針を決めて入金をするだけ

あとはAIが世の中の情勢に合わせて最適な投資先に資金を分配投資をするというものです。

 

これまでの投資と大きく違う点は、すべてAIが判断をして投資をするという点です。

人間であればプロ・アマ問わず投資の際に感情を0にして判断をすることは難しいです。

「もうちょっと上がるかも?」「損切りした方が良いかな?」「一時的な含み損で売却をしてしまった」など、人は感情に左右されると機械的なトレードができなくなります

ウェルスナビでは、そうした感情を排除して、淡々とAI(ロボアドバイザー)が長期投資を行います。

米国ETF(上場投資信託)を通じた国際分散投資

ウェルスナビは、米国ETF(上場投資信託)を通じて株、債券、金、不動産に投資をします。

ユーザーが設定する5段階のリスク許容状況に応じて、これらの投資配分を決めていきます。

よりリスクを取れる場合は株への投資比重が高く、反対にリスクを最小限に抑えたい場合は債券への投資比重が高くなります。

ウェルスナビが投資する6つのETFについてはこちら!

【VTI】バンガード・トータルストック・マーケットETF(ウェルスナビ銘柄)

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回はウェルスナビ(WealthNavi)の投資先の一つである銘柄「バンガード・トータルストック・マーケットETF(VTI)」について紹介したいと ...

続きを見る

【VEA】バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(ウェルスナビ銘柄)

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回はウェルスナビ(WealthNavi)の投資先の一つであるETF「バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)」について紹介した ...

続きを見る

【VWO】バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(ウェルスナビ銘柄)

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回はウェルスナビ(WealthNavi)の投資先の一つであるETF「バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)」について紹介 ...

続きを見る

【AGG】iシェアーズ・コア 米国総合債券市場ETF(ウェルスナビ銘柄)

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回はウェルスナビ(WealthNavi)の投資先の一つであるETF「iシェアーズ・コア 米国総合債券市場ETF(AGG)」について紹介したいと思 ...

続きを見る

【GLD】SPDRゴールド・シェアETF(ウェルスナビ銘柄)

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回はウェルスナビ(WealthNavi)の投資先の一つであるETF「SPDRゴールド・シェア(GLD)ETF」について紹介したいと思います。 & ...

続きを見る

【IYR】iシェアーズ米国不動産ETF

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回はウェルスナビ(WealthNavi)の投資先の一つであるETF「iシェアーズ米国不動産ETF(IYR)」について紹介したいと思います。 &g ...

続きを見る

手数料は預かり資産の「1%(年間)」のみ

ウェルスナビの手数料は預かり資産の「1%」です。

実際には毎月預かり資産の1%を月割りした金額が口座から差し引かれます

また、資産評価額の計上でも、この手数料は入金額から差し引かれて計上されるため、支払った手数料分を差し引かれた上でプラス評価なのか、マイナス評価なのかを見ることができます

運用期間に応じて「長期割」も!

ウェルスナビは50万円以上の運用をしている場合、6ヶ月ごとに手数料率が0.01%(年率)引き下げられ最大0.9%(年率)まで手数料率を下げることができます。

ポイント

0.1%と聞くと大した割引に見えないかもしれませんが、長期の複利運用を考えた場合は大きな差になってきますよ!

 

ウェルスナビの8つの強み(メリット)

ウェルスナビは、ロボアドバイザーによる自動資産運用が売りですが、具体的にどのようなことをしているのかを表している図が上記です。

 

人間がやらなければいけないのは「1」の目標金額とリスク許容度の設定と「3」の入金のみです。

 

「1」「3」ともに、最初に行えばその後頻繁に行う必要はない作業です。

その後の入金は、「5」の自動積立にしてしまえばあとはほったらかしです。

そして、より資産運用の効率を高めているのが「7」の自動リバランスと、「8」のDeTAX機能です。

自動リバランス機能

投資開始時に組んだ最適ポートフォリオを実際に運用した際、年数を追うごとにそれぞれの項目の配分比率にズレが生じてきます(例 米国株式が20%が理想な配分なのに、実際は22%になっている など)。

こうしたズレを自動で調整してくれるのが自動リバランス機能です。

この自動リバランス機能はどのくらいのタイミングで行われるのでしょうか?

リバランスは、原則として、半年に一度行われます。
また、お客様のポートフォリオと最適ポートフォリオの配分比率を資産クラスごとに比較し、5%以上乖離している資産クラスがあった場合は、前倒しで行われます。ただし、お客様の資産評価額が50万円未満の場合は、前倒しでのリバランスは行っておりません。

半年に一度のリバランスも、お客様のポートフォリオと最適ポートフォリオとの乖離が小さく、リバランスの必要がないと判断した場合は、リバランスによる売買は行われません。自動積立を行われているお客様は、リバランス付き自動積立の効果で、ポートフォリオが最適な状態を保ちやすくなっています。

引用:ウェルスナビ

自動リバランス自体は細かく行う方が良いのですが、ETFの購入や売却をする際には手数料がかかってしまいます。

そのため半年に一度の自動リバランスというのはコストとリターンを天秤にかけた際には妥当なタイミングかと思います。

また、公式ホームページにあるように5%以上の乖離が見られた場合には前倒しで調整が行われるということですので、暴落時などはポートフォリオの見直しが行われやすくなりそうです。

DeTAX機能(自動税金最適化)

ウェルスナビの大きな売りがこのDeTAX機能と感じています。

DeTAX(デタックス)とは、分配金の受け取りやリバランスなどによって生じる税負担の一部または全部を、保有銘柄の「含み損」を実現して「利益」を相殺することにより、税負担を翌年以降に繰り延べる機能です。

分配金の受け取りやリバランスなどによるETFの売却によって「利益」が発生すると、本来は税負担が生じることになります。
DeTAXは、その税負担を翌年以降に繰り延べることで、その年の税負担を軽減します。

具体的には、ポートフォリオの中に含み損がある銘柄があれば、店頭取引により、その銘柄を一旦売却(含み損を実現させる)し、それと同時に「同じ銘柄を、同じ数量、同じ価格」で買い戻します。
これにより、ポートフォリオの構成を維持したまま、その年の税負担の軽減を計ります。
※税負担を必ず繰り延べることを保証するものではありません。

WealthNaviでは、分配金による受け取りやETFの売却(リバランスによる売却も含む)により、利益により生じる税負担が2万円以上となる場合を目安として、DeTAXによる取引を自動的に行います。

引用:ウェルスナビ

納税のことも意識して運用してくれるのはありがたいですね!

この機能によって、納税するはずだったお金が追加投資の資金になることもあります。何十年と続いていけば、複利の効果によって小さな差が大きな差になってしまいます。

長期投資用によく考えられている機能だと思います。

 

ウェルスナビのデメリット

ウェルスナビのデメリット

次にウェルスナビのデメリットを挙げていきます。

初回10万円以上の入金が必要

ウェルスナビは初回に10万円の入金が必要となっています。

ここで敷居が高いと感じてしまう人がいるようです。

ウェルスナビ側としては長期投資をしてもらいたいため、入金額の面では敢えて手軽さを排除しているように見受けられます。また、10万円以下ですと理想のポートフォリオが組めないという理由もあるかもしれません。

NISA口座に対応していない

NISA口座に対応していない=利益には税金がかかるということになります。

ただ、ウェルスナビの場合、仮にNISA口座が適用可能になったとしても、半年に一度行われる自動リバランス機能がマイナスに働いてしまうため相性は良くありません。

税金の圧縮という意味では、ウェルスナビ独自のDeTAX(自動税金最適化)機能があるため、NISAの代わりとまではいかないまでも税金の最適化を行う仕組みは作られています

個別にETFを購入する場合に比べて手数料が高い

ウェルスナビに批判的な意見の中でよくあるのが、個人でも十分ポートフォリオを組める内容なのに年間1%の手数料は高いというものです。

たしかにウェルスナビが投資対象としているそれぞれの米国ETFは個人でも投資ができますし、その場合は手数料は低く抑えることができます。

【ウェルスナビ vs 個別購入】手数料とウェルスナビの機能で比較

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 今回はロボアドバイザー(AI)による自動運用サービス「ウェルスナビ」の年間手数料1%について考えてみたいと思います。 こま ...

続きを見る

 

しかし個別銘柄を購入できる人は投資の知識を増やしたい人、投資が好きな人など投資に対する興味が強い人に限られるのではないでしょうか。

「投資の知識がない」「資産運用は任せたい」「投資状況を確認する時間がない」といった人にとっては、年間1%の手数料を払ってもウェルスナビにお金を預ける意味はあると思います。

特にリバランスや税金最適化の自動機能は、投資未経験者・投資初心者にとって頼りになる機能です。

 

ウェルスナビと似たサービスの「THEO(テオ)」「楽ラップ」

ウェルスナビと似たサービスの「THEO(テオ)」「楽ラップ」

ウェルスナビのようなロボアドバイザーによる自動資産運用サービスは他にもあります。

お金のデザイン社の「THEO(テオ)」や楽天証券の「楽ラップ」がよく挙げられています。

THEO(テオ)

ロボアドバイザーによる資産運用を始めるにあたり、WealthNavi(ウェルスナビ)と迷っていたサービスです。

1万円から始められるというメリットはあるものの、運用成績がWealthNavi(ウェルスナビ)よりも悪いという情報があったため、私はWealthNavi(ウェルスナビ)を選択しています。

楽ラップ

10万円から開始できる点、運用手数料が年間約1%とWealthNavi(ウェルスナビ)とほぼ同じ条件となっていますが、以下の理由からサービス内容を見ているとより安定した運用を目指しているように感じます。

  • 暴落時に損失を抑えることを目的とした独自の「TVT機能」
  • 為替ヘッジありの投資信託にも投資

暴落時や円高になった時には運用成績は落ち込むけれど、景気が上向いたり円安になればその恩恵も受けられるのがWealthNavi(ウェルスナビ)、暴落や為替のリスクをある程度限定する分、景気が良い時や円安時でもその恩恵がやや緩やかなのが楽ラップという印象です。

楽ラップの内容は以下の記事にまとめています。

【楽ラップ】楽天証券の資産運用ロボアドバイザー。ウェルスナビとの違いは?

こんばんは!こま(@koma_piece01)です。 ロボアドバイザーによる資産運用サービスが増えております。 このブログで紹介しているウェルスナビもその一つですが、今回は楽天のロボアドバイザー投資サ ...

続きを見る

 

ウェルスナビで運用中の資産評価額を定期的に報告中!

ウェルスナビで運用中の資産評価額を定期的に報告しています

ここでは、実際にウェルスナビの運用成績を月1くらいの頻度で報告しています。

運用の概要

  • 投資した額:152万円
  • 自動積立:実施中(1万円 / 月)
  • リスク許容度:5(一番リスクを取った数値)

最新の運用状況(2020年8月8日現在)

こま
5月末時点でプラス圏に回復した評価額は引き続き維持しています。損益は4〜5%を行ったり来たりしている状態です。

4月から再開している自動積立については継続しています(1万円/月3回)。

運用評価額の推移

日付(年/月)評価額(円)投資元本(円)損益額(円)損益率
2020/8/81,677,3661,520,000+157,366+10.35%
2020/7/51,577,1661,490,000+87,166+5.85%
2020/51,475,5141,450,000+25,514+1.76%
2020/41,341,1111,420,000-78,889-5.56%
2020/31,277,7551,400,000-122,245-8.73%
2020/21,543,1051,400,000+143,105+10.22%
2020/11,632,6211,400,000+232,621+16.62%
2019/121,582,2631,400,000+182,263+13.02%
2019/111,525,5601,400,000+125,560+8.97%
2019/101,482,1081,400,000+82,108+5.86%
2019/91,479,7931,400,000+79,793+5.70%
2019/81,400,8241,400,000+824+0.06%
2019/71,463,2421,400,000+63,242+4.52%
2019/61,458,5291,400,000+58,529+4.18%
2019/51,418,0171,400,000+18,017+1.29%
2019/41,498,1041,400,000+98,104+7.01%
2019/31,449,5481,400,000+49,548+3.54%
2019/21,427,8691,400,000+27,869+1.99%
2019/11,366,2681,400,000-33,732-2.41%
2018/121,305,2631,400,000-94,737-6.77%
2018/111,073,5311,100,000-26,469-2.41%
2018/101,061,6681,100,000-38,332-3.48%

以前の資産運用報告記事はこちら

※過去の資産運用報告記事は徐々に削除予定です。

>>ウェルスナビのカテゴリーページに移動します

今後の投資方針

今後も下落局面では積極的に追加投資を行なっていきます。

今回の新型コロナウイルスによる金融への影響は、まだ今後も続きそうな気がしていますので、一度に大きな金額は投資せず、少しずつタイミングをずらしながら追加(名付けて「豆鉄砲投資」)していきます!

ウェルスナビの資産運用は、あと30~40年先を見据えての長期投資です。

リーマンショックや今回のコロナショックなどのような経済危機は、今後も10年に1回のペースで起こると考えていますので、含み益が出ている時は慎重に、含み損が出ている時は大胆に、を今後も維持しつつ投資をしていきたいと思います

 

ウェルスナビの口座開設手順

1.口座開設に必要なものを準備

WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設には以下のものが必要になります。

  • 運転免許証 + 通知カード またはマイナンバーカード(個人番号カード)
  • メールアドレス
  • 銀行の口座番号

2.まずは無料診断

WealthNavi(ウェルスナビ)では、投資目的に応じた運用を行うための無料診断が行えます。

以下6問の簡単な質問に答えるだけの簡単な作業です。

  • 年齢の選択
  • 年収の選択
  • 金融資産の選択
  • 毎月の積立額(目安)の選択
  • 資産運用目的の選択
  • 株価が1ヶ月で20%下落した場合の対応について選択

これらに答えることで、投資割合や将来の資産シミュレーション結果を見ることができます。

診断のし直しもできますし、「詳細設定」ボタンを押すことでより細かい設定でのシミュレーションができます。

入力できる項目は「目標金額」「投資予定額(※初期投資額)」「毎月の積立額」「運用期間」「リスク許容度」の5つです。

「次へ」ボタンを押すとメールアドレスの入力画面に移ります。

3.メールアドレスを登録

WealthNavi(ウェルスナビ)の公式サイトから、「口座開設」ボタンを押してメールアドレスを登録しましょう。

メールアドレスを登録すると、登録したメールアドレス宛にWealthNavi(ウェルスナビ)から認証コードが記載されたメールが届きます。

そのメールに従って認証コード・ログイン用のパスワードを設定すると、ログインが可能になります。

4.必要情報の入力や本人確認書類のアップロード

ログインが完了したら、性別や電話番号、職業、投資経験を選択し、本人確認書類の写メをアップロードしていきます。

アップロードが完了したら、規約に同意し「同意する」にチェックを入れて進みます。

5.用意されている3種類の口座からいずれかを選択

WealthNavi(ウェルスナビ)口座の種類を選びます。

「特定口座(源泉徴収あり)」「特定口座(源泉徴収なし)」「一般口座」の3種類があります。

特定口座
(源泉徴収あり)
確定申告に必要な書類を証券会社が準備してくれる。
確定申告不要
特定口座
(源泉徴収なし)
確定申告に必要な書類を証券会社が準備してくれる。
確定申告が必要。
一般口座確定申告に必要な書類は自分で用意する。

このうち、一般口座を選択した方が良い方は、ほぼいないと思います。

問題は「特定口座(源泉徴収あり)」「特定口座(源泉徴収なし)」のどちらかということですね。

「特定口座(源泉徴収あり)」が良い方

  • 投資初心者の方(※1)
  • 確定申告がめんどくさい方
  • 他会社にて株・ETFの運用を行っていない方

投資初心者の方は、「特定口座(源泉徴収あり)」をオススメします。

というのも、税金の支払いを気にしなくて良いからです(確定申告不要)。

注意ポイント

(※1)
年間の運用益が20万円以下の場合は納税が不要ですが、「特定口座(源泉徴収あり)」口座だと20万円以下でも利益に応じて20%の徴収(最大4万円)が行われてしまいます。

この納税が嫌という方は、運用益が20万円以下の場合は「特定口座(源泉徴収なし)」に、運用益が20万円を超えそうになったら「特定口座(源泉徴収あり)」に変更する方法もあります。

しかし、特定口座の変更が可能なのは、その年の最初の配当受取・ETF売却の前に申請を行う必要があり、タイミングがシビアですので、初心者の方はオススメしません。

「特定口座(源泉徴収なし)」が良い方

  • 他の証券口座と損益通算して確定申告を行いたい方

こちらの口座を意図して選ぶ方は、知識がある方かと思います。

WealthNavi(ウェルスナビ)、他の株・ETFともに確定益が出ている場合は問題になりませんが、どちらかで確定損が出ている場合は損益を通算して確定申告できますので、納税額を減らすことができます。

6.簡易書留の受け取りで完了!

Web上での手続きが終わると、口座開設お申し込み受付と「口座開設のお知らせ」の簡易書留で後日届く旨が記載されています。

私の場合は、口座開設お申し込みから簡易書留の受け取りまで5日間ほどかかりました。

また、簡易書留の受け取りには受け取りのサインが必要になる点は注意しましょう。

 

「【ウェルスナビ】特徴・運用成績報告・口座開設の手順まで」まとめ

以上、「ウェルスナビの特徴・運用成績報告・口座開設の手順まで|ロボアド全自動資産運用サービス」でした。

長期投資は誰もが素人でやり直しが効かないものですから、一部の資金については自分の意思を極力除いた投資に回すのもリスク分散になると考えています。

60歳を迎えたときにどのような結果になっているか期待しつつ、運用を続けていきたいと思います。

>>ウェルスナビ

おまけ:ウェルスナビCEO柴山和久氏の書籍を読んでみました

ウェルスナビCEO柴山和久氏の書籍を読んでみました

ウェルスナビCEOの柴山和久氏が執筆した「これからの投資の思考法(ダイヤモンド社)」を読んでみました。

 

>>レビュー記事はこちら

【書評】これからの投資の思考法(ウェルスナビCEO:柴山和久 著)

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 ウェルスナビの創業者・CEOの柴山和久氏の著書「これからの投資の思考法」を読んでみました。 柴山氏がどういう経緯でウェルスナビのサービスを提供する ...

続きを見る

こま
最後まで読んでいただきありがとうございました!

大切な資産を「着実に」「コツコツと」増やしていきたい方へ

配当株のうち、優良な米国株を紹介している無料メルマガの紹介です。

老後資金2,000万円問題解決のため、経済的な不安を減らすため、夢や目標を達成するために日本株よりも強い米国株と、配当を組み合わせた投資をオススメしています。

安定して成長する米国株で、着実にコツコツ、安定配当を得たい方必見!

\ メルマガ登録 完全無料 /
オックスフォードインカムレター



  • この記事を書いた人

こま

30代独身男、都内勤務の会社員こまです。日々の節約や収入アップを模索しつつ、余裕資金を株や金・不動産などに投資しています

お金は生活する上でとても大切なものだからこそ、色々知識を増やしていくことが必要だと考えています。

お金に興味を持った方が、このブログを活用していただければ嬉しいなと思います!

詳細プロフィールはこちら

-投資全般, ウェルスナビ

© 2020 こまの節約・投資ブログ