その他

【東日本大震災から8年】交通機関がマヒしたら?帰宅ルートを確認しましょう!

投稿日:

今日で東日本大震災から8年。改めて防災対策を。

こんばんは!こま(@koma_piece01)です。

もう8年前の出来事ですが、3月11日が近づいてくると意識が向いてきますね。防災対策として会社や自宅の水や非常食、懐中電灯などの備品のチェックをするほか、今回は会社から自宅まで実際に徒歩で歩いてみました。

歩いてみることで、具体的な帰宅ルートを確認できるので皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

こま
この記事は災害時の帰宅ルート確認の内容です。「体力」「食事」「川」「電源」などが考慮ポイントでしょうか。

きっかけは大学の講義と3.11

災害社会学の講義にて徒歩ルートの確認の重要性を教わる

私は大学では社会学を専攻していて、講義の中に「災害社会学」というものがありました。その中で「普段電車や車などで通学、通勤している経路を徒歩で移動するルートも確認してみましょう」というものがありました。

しかし、この時には実際に試すことはないままでした。

3.11で自宅まで徒歩で帰る

社会人として働いていた2011年3月11日に東日本大震災が起きました。

当時は実家から会社に通っていましたが、この機会に徒歩で帰ってみようと決心しました。いざ歩いてみるとパソコンが入ったカバンは重いわ、革靴は歩きにくいわ、道を間違えるわなかなか大変な経験をしました。

事前に徒歩での帰宅ルートを確認しておくことは大切だなと感じました。

 

会社から自宅まで徒歩で歩いてみよう!

現在は実家ではなく一人暮らしをしていて、まだ会社から家まで徒歩で帰宅したことはありません。

そのため一度歩いて帰ってみることにしました。

まずはルートをgoogleマップで確認

googleマップで調べてみると、会社から自宅まではおよそ12kmで、所要時間は2時間半。

幸いなことに大きな国道が会社と自宅のすぐ近くを繋いでいるので、道なりに歩けば家の近くまで行けそうです。

途中で道に迷うことはほぼなさそうで安心しました。これなら行けそう。

あとは実践!

googleマップで確認したルートを元にして、会社から自宅まで徒歩で帰ってみました。

会社と自宅の近くをつなぐ国道の地下には、東京メトロも走っているため定期的に駅の入り口も通過しました。

これが安心感につながりました。自分の歩いている道が間違っていないことを確認できるためです。

また、国道・東京メトロが走っているということで、途中にはスーパーや飲食店・コンビニも多くありました。

飲み物や食料は確保しやすそうです(震災時は閉店になるお店もあるでしょうが)。

帰宅の上で障害になりそうな川も無事クリア

先の災害社会学の講義で「川を越える手段確保が大切」と教わった覚えがあります。

橋は普通の道路に比べて本数が限られるだけでなく、地図上は橋がかかっていても電車専用で徒歩では渡れない橋もあるからです。

今回の帰宅ルートでは国道で、歩道もちゃんと用意されている橋だったため問題なく渡ることができました。

 

歩いてみた感想

今回は道がわかりやすかったので迷う心配はなかったのですが、12kmという距離で足はそこそこ疲労が溜まりました笑

災害が起こった際にはカバンに革靴という悪条件で歩くことになるので、普段からもう少し歩くことに慣れていた方が良いと感じました。

また、今回のルートではそこまで必要としませんでしたが、通常であればスマホで現在地と自宅の位置関係を細かく確認しながら進んでいくことになると思います。

スマホの電源を維持するための予備のバッテリーは常備しておいた方が何かと便利だなと感じました。

おわりに

以上、会社から自宅まで徒歩で帰った体験のご報告でした。

人によっては徒歩での帰宅が困難な場合もあると思います。その場合は避難所や一時的な滞在場所の確認が良いと思います。

東日本大震災の時は、電車は止まりましたし道路は大渋滞でした。

自分や同僚・友人の車で帰宅しようとしてた人はまだ良いですが、バスの中でぎゅうぎゅう詰めになっている人を見た記憶があります。

それは地獄のような体験だったと思いますので、震災時にどのような行動をするか事前に自分でシミュレーションをしておくと良い気がします!

こま
最後まで読んでいただきありがとうございました!





その他

2019/10/13

【実体験】災害時の避難所ってどうなの? →割と快適なので不安なら利用すべし!

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 10/12から13にかけて、過去最大級の台風19号(ハギビス)が日本を直撃しました。 私は東京都内の東部にあるマンションの1階に住んでいるのですが、今回の台風では河川の氾濫に対する懸念があったため、早い段階で避難所を利用しました。 実際のところ避難所ってどうなの?という方も多くいるかと思いますので、避難所を利用した感想やメリットなども書いていきたいと思います。 ちなみに、私は今回の台風で水害に遭うことはありませんでしたが、避難所 ...

ReadMore

その他

2019/8/14

親の資産、把握していますか?

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 先日、テレビでこんなニュースが流れていました。 高齢の親の財産 50代後半の6割近くが把握せず(テレビ朝日) 親の財産管理に関する調査で、50代後半の6割近くが高齢の親の預貯金を把握していないことが分かりました。 この調査は、明治安田総合研究所が全国の55歳から69歳の男女1830人に対してインターネットで行いました。高齢の親の預貯金を把握している人は50代後半では男性が37.6%、女性が40.1%にとどまっています。 60代後 ...

ReadMore

その他

2019/7/14

【個人間送金アプリ】こんな場合がキャッシュレスだと楽!

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 個人間送金アプリ「pring(プリン)」のホームページにて、「pringのお金会議」というコラムページが公開されています。 その中で「【動画】もしこんな場面がキャッシュレスだったら?」という内容が面白かったので、私も考えてみました。 こまこの記事は、個人間でのお金のやり取りの際、キャッシュレスだったら良いな〜、面白いな〜といった内容を考える記事です。

ReadMore

その他

2019/7/13

【キャッシュレス時代】「現金」がなくなる弊害。消費への自制心もより必要に。

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 新元号が令和になったことで、一時期に平成の時代を振り返る番組が多く放送されていました。 例えば携帯電話やMD、ゲーム機の登場は私は懐かしく感じていたのですが、若い番組出演者の中には「何それ?」って人もいるんですよね笑 つまり今後は現金をほとんど見ない世代も現れるかもしれないということです。 こまこの記事では「キャッシュレス世代」と「お金の意識」について考えてみたいと思います。

ReadMore

その他

2019/6/3

自尊心・自信・お金・自己実現をブログで手に入れて満足しながら生きる!

死ぬ瞬間に「あ〜楽しかった!満足!」と思える人生にしたい! こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 ブログ運営を始めてから早8ヶ月。 閲覧数や収入はまだまだ弱小ですが、記事数はもう少しで250というところまできました! 私はもともと、プライベートが消費者一辺倒になっていることが嫌で、「生産者」になるべくブログを始めました。 そのため、(役に立っているかは別としても)今こうして記事を書いていることは自己満足に繋がっています笑 今回は普段の記事と色合いが違いますが、この「 ...

ReadMore


友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!


-その他

Copyright© 30代Webディレクターこまの倹約・投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.