投資全般 米国株

【VGT】バンガード・米国情報技術セクターETF

投稿日:2018年12月12日 更新日:

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。

今回は米国の情報技術セクターに投資するETF「バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)」について紹介いたします。

情報技術セクターと言われるとピンと来ないかもしれませんが(私も来ませんでした笑)、企業としてはアップルやマイクロソフト、VISAなど有名な企業ばかりですよ!

こま
バンガード社は、アメリカの大手ETF運用会社の一つです。

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)とは?

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)は、米国の情報技術セクターで構成されている株価指数「MSCI USインベスタブル・マーケット・情報技術25/50トランジション・インデックス」に連動することを目指すETFです。

以下、バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)の概要をまとめます。

  • 設立:2004年1月26日
  • ベンチマーク:MSCI USインベスタブル・マーケット・情報技術25/50トランジション・インデックス
  • 信託報酬:0.10%
  • 配当スケジュール:四半期毎
  • ETF純資産総額:224.45億米ドル
  • ファンド純資産総額:245.30億米ドル
  • 構成株式銘柄数:333銘柄
  • 株価収益率(PER):27.7倍
  • 株価純資産倍率(PBR):6.4倍
  • 株主資本利益率(ROE):22.8%
  • 利益成長率:8.1%

株主資本利益率(ROE)は22.8%、利益成長率8.1%と素晴らしい数字です!

※データは2018年9月30日時点のものなので、10月の下落によって数値は落ちると思われますので注意!

上場以来のチャートでは上昇トレンド継続中!

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)は設立以来、上昇トレンドを継続中ですが、2018年10月に大きな下落が起きています。

パフォーマンス実績(2018年9月30日まで)

期間 リターン(年率)
四半期 12.01%
年初来 23.99%
1年間 34.59%
3年間 28.01%
5年間 21.86%
10年間 17.13%
設定来 10.83%

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)の保有上位10銘柄と割合

企業名 割合
アップル 18.0%
マイクロソフト 13.5%
Visa 4.0%
シスコ・システムズ 3.7%
インテル 3.6%
マスターカード 3.3%
エヌビディア 2.6%
オラクル 2.6%
IBM 2.2%
アドビシステムズ 2.2%

セクター別の構成比

セクター(業種) 構成比
ハードウェア・メモリー・周辺機器 20.3%
システム・ソフトウェア 18.8%
半導体 15.7%
情報処理・外注サービス 15.4%
アプリケーション・ソフトウェア 9.5%
情報技術コンサルティング・その他サービス 6.3%
通信機器 5.8%
インターネット ソフトウェア・サービス 2.2%
半導体装置 1.9%
電気部品 1.3%

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)の特徴

米国の情報技術セクターに集中投資

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)は、米国の情報技術セクターに投資しています。

保有銘柄を見ても、アップル、マイクロソフト、Visa、エヌビディア、マスターカード、アドビシステムズなど馴染みのある企業が並んでいますね。

人工知能(AI)がますます普及していくことが予想される中で、将来を期待させる企業ばかりとなっています。

その反面、業種は偏っているため大きな変動も予想できます。

信託報酬はETF低水準の0.10%

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)は、指数連動のパッシブ運用ETFということもあり、信託報酬は0.10%とETFの中でも低水準となっています。

ポイント

ETFの信託報酬は年を追うごとにコストが安くなってきているため、今後さらに減額になる可能性もあります。

安心のETF純資産2.5兆円

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)の純資産は2018年9月30日時点で224.45億米ドル(約2.5兆円)です。

こま
「myINDEX」ではVGTはインデックスファンド純資産ランキング35位(全1,183件中)になっているね!

>>myINDEXのランキングを見る

まとめ

最後にもう一度バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)についてまとめてみます。

  • 情報技術セクターに投資!
  • 将来性を感じさせる企業が多い(変動には注意)!
  • 信託報酬はETF低水準の0.10%!
  • ETF純資産額は安心の約2.5兆円!
こま
バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)は、今後を考えると将来性を感じる企業に多く投資しています。

VGTに投資するならSBI証券がおすすめです!

  • 顧客満足度NO.1 ※2016年度 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券会社部門 総合第1位
  • ネット証券口座開設数NO.1 ※350万口座
  • 初めてでも安心の電話サポート
  • 業界最低水準の取引手数料

>>SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ





投資全般 米国株

2019/5/21

暴落中のスリーエム(3M)を買ってみました!

こんばんは!30代Webデザイナーこま(@koma_piece01)です。 久しぶりに米国株を購入しました。 今回購入したのは、2019年の利益見通しを下方修正して株価が大きく下落しているスリーエム(3M)です。

ReadMore

投資全般 米国株 日本株

2019/4/21

【2019年NISA購入銘柄】セキュリティ関連や教育関連、アジアの不動産に期待!

こんばんは!こま(@koma_piece01)です。 2019年も4月下旬になりましたが、楽天証券のNISA口座にて購入する銘柄を決めました! この記事では購入を決めた銘柄と配分を紹介していきます。

ReadMore

ポイント投資 投資全般 米国株 日本株

2019/3/20

【ポイント投資】楽天ポイントを使ってグローバル3倍3分法ファンド(投資信託)500円分を買ったよ!

ポイント投資最高! こんばんは!ポイント投資の信者、こま(@koma_piece01)です笑 先日、楽天ポイントを使って投資信託を購入しました! お金に換算すると500円相当と微々たるものですが、記念すべきポイント投資の第一歩! 今後どこまで積み上げられるか楽しみです! こまこの記事は「楽天ポイント」×「投資信託」の内容です。今後も定期的に全額ポイントにて投資信託の購入を考えています!

ReadMore

ポイント投資 投資全般 米国株 日本株

2019/3/19

【ポイント投資で日本は金融大国へ】生まれ変わるポテンシャルが日本にはある!

ポイント投資によって日本は金融大国に生まれ変わるかも? こんばんは!こま(@koma_piece01)です。 近年、各ポイントサービスが、ポイントを使って投資をできるサービスを導入してきています。 私も楽天ポイントを使って投資をしていますが、とても嬉しく思っています。 今回はこのポイント投資による日本の金融大国化について考えてみたいと思います。 こまこの記事は「ポイント投資」「日本の金融大国化」についての内容です。

ReadMore

投資全般 米国株 不動産投資 日本株

2019/3/8

【非課税口座のNISAとつみたてNISA】ぞれぞれの特徴とメリット・デメリット

こんばんは!こま(@koma_piece01)です。 NISA口座をこれまで有効活用してこなかった私。いつの間にか積立NISAまで始まってる始末。 今回はNISAとつみたてNISAの違い、それぞれのメリットデメリットをまとめてみたいと思います。 こまこの記事は「NISA」と「つみたてNISA」の違いや、それぞれのメリット・デメリットについて知りたい方が対象です。

ReadMore

LINE@でブログ更新のお知らせや気になった情報などを発信中!

LINE@では、ブログの更新情報や気になった情報を定期的にお届けします!

↓↓お友だち追加はこちら
友だち追加

-投資全般, 米国株

Copyright© 30代Webディレクターこまの倹約・投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.