投資全般 ウェルスナビ

【VEA】バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(ウェルスナビ銘柄)

投稿日:2018年11月17日 更新日:

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。

今回はウェルスナビ(WealthNavi)の投資先の一つであるETF「バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)」について紹介したいと思います。

>>ウェルスナビ

こま
バンガード社は、VTIでもおなじみ。アメリカの大手ETF運用会社の一つです。

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)とは?

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)は、米国を除いた先進国の株式市場をカバーする「FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックス」に連動することを目指すETFです。

主な投資対象国として、日本・英国・カナダ・フランス・ドイツ・スイス・オーストラリアの大型株・中型株・小型株に投資しています。

以下、バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)の概要をまとめます。

  • 設立:2007年7月20日
  • ベンチマーク:FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックス
  • 信託報酬:0.05%
  • 配当スケジュール:四半期毎
  • ETF純資産総額:700.16億米ドル
  • ファンド純資産総額:1,083.90億米ドル
  • 構成株式銘柄数:3,906銘柄
  • 株価収益率(PER):14.1倍
  • 株価純資産倍率(PBR):1.6倍
  • 株主資本利益率(ROE):11.2%
  • 利益成長率:8.4%

リーマンショック後、堅調に推移

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)の上場以来のチャートでは、リーマンショックによって大きく下げたあと、堅調に回復してきてはおりますが、リーマンショック前の水準にはまだ届いていません。

パフォーマンス実績(2018年6月30日まで)

期間 リターン(年率)
四半期 -1.60%
年初来 -2.71%
1年間 7.25%
3年間 5.67%
5年間 6.95%
10年間 3.23%
設定来 1.71%

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)の市場別保有配分 上位10市場

国名 割合
日本 22.2%
英国 15.9%
カナダ 8.4%
フランス 8.2%
ドイツ 7.8%
スイス 6.3%
オーストラリア 6.2%
韓国 4.5%
香港 3.2%
オランダ 2.9%

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)の保有上位10銘柄と割合

企業名 割合
ロイヤル・ダッチ・シェル(オランダ) 1.5%
ネスレ(スイス) 1.2%
サムソン(韓国) 1.2%
HSBCホールディングス(イギリス) 1.0%
トヨタ自動車(日本) 0.9%
ノバルティス(スイス) 0.9%
エフ・ホフマン・ラ・ロシュ(スイス) 0.8%
トタル(フランス) 0.8%
BP(イギリス) 0.8%
ユニリーバ(イギリス) 0.8%

セクター(業種)構成比

セクター(業種) 構成比
金融 23.6%
消費財 17.4%
資本財 16.0%
ヘルスケア 9.2%
消費者サービス 8.4%
素材 7.7%
石油・ガス 6.6%
テクノロジー 4.9%
公益 3.2%
通信サービス 3.0%

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)の特徴

これ1つで世界の先進国(米国以外)に分散投資

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)が基準としているFTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックスは、日本、英国、カナダ、フランス、ドイツ、スイス、オーストラリアなどの大型株・中型株・小型株約3,700銘柄で構成されています。

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)もカナダ、欧州地域の先進国市場、および太平洋地域の先進国市場に投資をしていて、このETFだけで世界の先進国企業に広く投資していることになります。

信託報酬は0.05%と低水準

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)は、FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックスに連動するパッシブ運用のETFということもあり、信託報酬は0.05%と低水準となっています。

ポイント

ETFの信託報酬は年を追うごとにコストが安くなってきているため、今後さらに減額になる可能性もあります。同じバンガード社のVTIは信託報酬0.04%と最低水準です。

安心のETF純資産8兆円は世界のETFでも上位

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)の純資産は2018年6月時点で700.16億米ドル(約8兆円)です。これは世界のETFの純資産では上位に当たります。

こま
「myINDEX」ではVEAはインデックスファンド純資産ランキング6位にいるね!

>>myINDEXのランキングを見る

まとめ

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)についてまとめてみます。

  • 日本、英国、カナダ、フランス、ドイツ、スイス、オーストラリアなどの企業に投資!
  • 構成銘柄数は3,700と多い!
  • 設定来のパフォーマンスは年1.71%!
  • 信託報酬は低水準の0.05%!
  • ETF純資産額は安心の約8兆円!
こま
今のパフォーマンスはイマイチ!だけどVTIと組み合わせることで先進国に広く分散投資することができます!

VEAに投資するならSBI証券がおすすめです!

  • 顧客満足度NO.1 ※2016年度 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券会社部門 総合第1位
  • ネット証券口座開設数NO.1 ※350万口座
  • 初めてでも安心の電話サポート
  • 業界最低水準の取引手数料

>>SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

ウェルスナビ(WealthNavi)でもVEAに投資できます!

>>ウェルスナビ

【ウェルスナビ(WealthNavi)】概要と口座開設方法|AIによる全自動資産運用サービス

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 投資の世界では、AI(ロボアドバイザー)による全自動投資サービスが注目を集めています。その一つが「WealthNavi(ウェルスナビ)」と呼ばれる ...

続きを見る

こま
私はウェルスナビ(WealthNavi)を通じてVEAに投資しています!





投資全般 ウェルスナビ

2019/9/15

【ウェルスナビ(+5.70%)】株高と円安で評価はV字回復!(2019/9/15)

30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 先月は米中貿易戦争の激化懸念から、株安・円高のダブルパンチを喰らったウェルスナビですが、今月はだいぶ盛り返してきました! こま今回はウェルスナビ(WealthNavi)2019/9/15現在の運用状況報告記事です! ↓前回の運用状況(2019/8/17)はこちら

ReadMore

投資全般 ウェルスナビ

2019/8/17

【ウェルスナビ(+0.06%)】円評価でほぼプラマイゼロ。でもドル評価だと・・・(2019/8/17)

30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 FOMCもこなして一安心と思っていた矢先、対中国への関税というトランプ砲が発動して株安、それによってFRBが9月のFOMCで追加利下げを行う観測が高まり円高も進行しました。 これにより、ウェルスナビの評価額も打撃を受けました。 こま今回はウェルスナビ(WealthNavi)2019/8/17現在の運用状況報告記事です! ↓前回の運用状況(2019/8/3)はこちら

ReadMore

投資全般 ウェルスナビ

2019/8/3

【ウェルスナビ(+1.33%)】株安と円高のダブルパンチで利回り低下(2019/8/3)

30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 FOMCもこなして一安心と思っていた矢先、対中国への関税というトランプ砲が発動して株安、それによってFRBが9月のFOMCで追加利下げを行う観測が高まり円高も進行しました。 これにより、ウェルスナビの評価額も打撃を受けました。 こま今回はウェルスナビ(WealthNavi)2019/8/3現在の運用状況報告記事です! ↓前回の運用状況(2019/7/20)はこちら

ReadMore

投資全般 ウェルスナビ

2019/7/20

【ウェルスナビ(+4.52%)】7月FOMCは0.25の利下げでほぼ決まりか(2019/7/20)

30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 今週の前半に揃って史上最高値を更新したNYダウ、S&P500、ナスダックですが、その後は頭打ちになり19(金)には下落して週末を迎えました。 ウェルスナビの円評価は現状+4.52%となっています。 こま今回はウェルスナビ(WealthNavi)2019/7/20現在の運用状況報告記事です! ↓前回の運用状況(2019/7/6)はこちら

ReadMore

投資全般 ウェルスナビ

2019/7/16

【ウェルスナビ vs 個別購入】手数料とウェルスナビの機能で比較

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 今回はロボアドバイザー(AI)による自動運用サービス「ウェルスナビ」の年間手数料1%について考えてみたいと思います。 こま結論は手間がかかってるいるからなのですが、自分で個別に銘柄を買う場合と比べてどれだけ手数料や手間が違うのかを見ていきたいと思います。

ReadMore


友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!


-投資全般, ウェルスナビ

Copyright© 30代Webディレクターこまの倹約・投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.