投資全般 米国株 日本株

【テーマ投信】サイバーセキュリティ株式オープンは今後も上昇していくか!?

投稿日:2019年3月6日 更新日:

便利な世の中ですが、便利と安全は相反することが多いです。

あなたは便利の裏側にあるリスクに気づいていますか?

 

こんばんは!こま(@koma_piece01)です。

最近面白い投資信託として「3倍3分法ファンド」の記事を書きましたが、投資先をサイバーセキュリティ関連の会社に絞った投資信託もあるようです。

 

その名も「サイバーセキュリティ株式オープン

 

今回はこのファンドについてまとめてみたいと思います。

こま
今後インターネット上でのサービス取引がより活発になり便利になる一方で、あらゆる危険を想定して防衛していかないといけません。 サイバーセキュリティの分野は、今後もますます発展していくように思いますので、投資先として面白い銘柄かもしれません。

「サイバーセキュリティ株式オープン」とは?

正直、この名前でピント来ますよね笑

インターネット上の安全を守る企業に投資をするファンドです。

2017年7月13日から運用が始まっており、比較的新しいファンドという印象を持ちました。

基準価格の推移

ファンドが2017年7月からなので、ちょうどアメリカの株価の調子が良い時にスタートしています。

2018年2月の暴落の影響はあまり見られませんが、10月の暴落の影響は大きく受けていますね。(↓は比較用よしてS&P500のチャート)

VOO(S&P500ベンチマーク)との運用成績比較

騰落率 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年
サイバーセキュリティ株式オープン 4.03% 11.66% 1.96% 15.69%
VOO(S&P500ベンチマーク) 2.29% 3.43% -3.13% 2.27%

過去1年間までしか比較ができませんが、サイバーセキュリティ株式オープンと、S&P500に連動するETF「VOO」の運用成績の比較をしてみると、圧倒的にセキュリティー株式オープンの方が成績が良いですね。

サイバーセキュリティ株式オープンの組入上位銘柄

組入銘柄 業種 比率
オクタ ソフトウェア・サービス アメリカ 8.9%
ゼットスケーラー ソフトウェア・サービス アメリカ 7.4%
アマゾンドットコム 小売 アメリカ 6.6%
フォーティネット ソフトウェア・サービス アメリカ 5.3%
サービスナウ ソフトウェア・サービス アメリカ 5.2%
マイクロソフト ソフトウェア・サービス アメリカ 4.7%
トレンドマイクロ 情報・通信業 日本 4.0%
ベリサイン ソフトウェア・サービス アメリカ 3.8%
セールポイント・テクノロジーズ ソフトウェア・サービス アメリカ 3.5%
パロアルトネットワークス テクノロジー・ハードウェアおよび機器 アメリカ 3.4%

アマゾンやマイクロソフトは当然として、トレンドマイクロ、ベリサインなどは日本でも有名な企業ですね。

リスクについて

投資全般に言えることですが、リスクについても触れたいと思います。

  • 価格変動リスク(元本保証ではない)
  • ハイリスク・ハイリターン(テーマを絞った銘柄のため、良くも悪くも値幅が開きやすい)
  • 為替変動リスク
  • 信用リスク
  • 流動性リスク
  • カントリーリスク

また、リスクとはちょっと違うかもしれませんが、手数料が高めですね。

購入時手数料は上限3.24%、信託報酬は年率1.836%とのこと。

まぁ手数料をペイできるだけの運用成績を残してもらえれば文句はありませんけどね!

 

サイバーセキュリティの業界はしばらくは盛り上がりそう

サイバーセキュリティ株式オープンの投資先となる、サイバーセキュリティ業界の今後の見通しですが、正直衰退していくイメージは持てません。

世の中が便利になればなるほどセキュリティ対策を行わなければならなくなりますし、ここ数年はFinTechのサービスや企業がどんどん出てきています。金融サービスがインターネット上で盛んに行われるためには、他業界以上に安全である必要があります。

便利なサービスにはセキュリティ対策もセットで求められることから、少なくともここ数年は成長していく業界ではないでしょうか。

サイバーセキュリティ株式オープンも、今年のNISA投資先として魅力的だなと感じています。

 

サイバーセキュリティ株式オープンを購入するには?

サイバーセキュリティ株式オープンを購入するためには、このファンドを取り扱っている金融機関で口座を開設する必要があります。

取り扱っている金融機関は以下になります。

>>SBI証券

>>楽天証券

>>マネックス証券

>>GMOクリック証券

>>カブドットコム証券

>>松井証券

など

 

おわりに

以上、【便利と危険は裏表】サイバーセキュリティ株式オープンは今後も上昇していくか!?でした。

投資信託は、私の投資歴の中では早めに手を出した資産運用法なのですが、アクティブファンドは過去に2回しか買ったことがないと、この記事を書いていて気づきました。

一つは「アクティブ・ニッポン(愛称:武蔵)」、もう一つは「ブラジル株式ファンド」です。

アクティブ・ニッポンは私が保有していたときは一度もアクティブな気持ちにならないまま損切りをしました笑

ブラジル株式ファンドも購入後に評価額が大きく落ち込んだ時期が長く、評価損が続いていましたがプラス評価に変わったタイミングで売却をしました。

どちらもあまり良い思い出がなく、アクティブファンドにはまだまだ抵抗があるのも事実です笑

今年のNISAで購入を検討している「グローバル3倍3分法ファンド」と今回記事にした「サイバーセキュリティ株式オープン」は、そんな私のアクティブファンドに対するイメージを変えてくれるのか楽しみです!

こま
最後まで読んでいただきありがとうございました!





総資産公開

2020/3/29

【資産公開】2020年2月末は1,302万円(前月比-45万円)!

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 記事にするのが遅れましたが、2020年2月末の総資産と内訳を公開します! 総額は1,302万円と、先月から45万円マイナスになりました。 こま新型コロナウイルスをきっかけにした株価の大幅な下落が起こっているので、資産の減少は致し方ないですね。   ●前回(2020年1月)の状況はこちら

ReadMore

投資全般

2020/3/16

米国での新型コロナウイルス感染者・死亡者数推移

30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 新型コロナウイルスをきっかけにした混乱が世界中へと拡がりを見せています。 日本でも政府によるイベントの自粛要請や学校の臨時休校など、不要不急の外出を控えるような状況になっており、健康への影響だけでなく経済的なダメージも予想されるところです。 相手が未知のウイルスということで今後の動向を予想するのが難しい状況ですが、ヒントの一つになり得るのがアメリカ国内での新型コロナウイルスの感染者・死亡者数のピークがいつになるかです。 ところが、現状ではア ...

ReadMore

投資全般 ウェルスナビ

2020/3/16

【ウェルスナビ(-8.73%)】新型コロナショックで一時はマイナス16%まで悪化!(2020/3/13)

30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 約2ヶ月ぶりの更新ですが、その間に株価は新型コロナウイルスに対する懸念悪化で大幅な下落となっています。 そんな中、ウェルスナビの状況がどうなっているか見てみたいと思います。 こま今回はウェルスナビ(WealthNavi)2020/3/13現在の運用状況報告記事です!

ReadMore

投資全般

2020/2/12

【楽天ポイント運用】アクティブコース6ヶ月間の運用益は4.4%

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 私はポイ活の一環として楽天スーパーポイントを貯めているのですが、貯まったポイントで投資信託を買っている「楽天ポイント投資」とは別に、楽天スーパーポイントそのものを運用する「楽天ポイント運用」もしています。 2019年8月から始めて半年程度経ちますので、現在の運用状況を見てみたいと思います。 こま「楽天ポイント運用」は、「楽天ポイント投資」に比べて購入・運用の手数料がかからない、ポイント引き出し(売却)時に税金がかからないというメ ...

ReadMore

総資産公開

2020/2/5

【資産公開】2020年1月末は1,347万円(前月比+20万円)!

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 今回の記事では、2020年1月末の総資産と内訳を公開します! 総額は1,347万円と、先月から20万円積み上がりました。 こま今回も順調に資産を増やすことができて安心しています。   ●前回(2019年12月)の状況はこちら

ReadMore


友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!


-投資全般, 米国株, 日本株

Copyright© こまの倹約・投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.