ポイント投資 投資全般

【楽天ポイント運用】ポイント投資より手軽な投資体験!ポイント振替の解説付き

投稿日:2019年3月22日 更新日:

えっ?ポイント投資じゃなくてポイント運用?何か違うの?

楽天はお得な仕組みがたくさんあるのですが、複雑すぎてわかりづらいのが難点ですよね。

こんばんは!こま(@koma_piece01)です。

最近がポイント投資についての記事をたくさん投稿していますが、今回は楽天の「ポイント運用」について紹介します。

こま
この記事は「投資初心者」×「楽天」×「ポイント運用」についてです。ポイント運用は気軽に始めることができるので、投資初心者向きのサービスです。

<追記>
楽天ポイントをポイント運用に回す手順を追記しました!(2019年3月23日)

楽天のポイント運用とは?

ポイント運用は、楽天PointClubで利用できるサービスです。

楽天スーパーポイントを使ってお手軽に運用が疑似体験できる新しいサービスです(楽天証券のポイント投資とは別サービスです)。

お手持ちの通常ポイントを運用ポイントに追加すると、投資信託に連動して運用ポイント数が日々変動します。

出典:楽天PointClub

こま
楽天ポイント投資はポイントを使って実際に投資信託を購入しますが、ポイント運用は基準となる投資信託の基準価格に応じて楽天ポイントが増減するサービスです

 

楽天ポイント運用のメリット・デメリットについて

ここではポイント投資と比較した、ポイント運用のメリットデメリットをあげてみます。

楽天ポイント運用のメリット

  • 手数料がかからない
  • 運用コースが2つと迷わない
  • 楽天会員であれば誰でもできる(楽天証券の口座は不要)

手数料がかからない

投資信託は購入・運用に手数料がかかります。

近年は購入時の手数料がかからないノーロード投信が増えてきていますが、毎年運用費(信託報酬)はかかってしまいます。

しかしポイント運用の場合は手数料がかかりません!

 

運用コースが2つのみで迷わない

ポイント運用で用意されているコースは「アクティブ」と「バランス」の2つだけです。

そのため投資初心者でも比較的迷わず運用をすることができます

「アクティブ」コースが連動するのは「楽天・バンガード・ファンド(バランス株式重視型) 」、一方「バランス」コースに連動するのは「楽天・バンガード・ファンド(バランス債券重視型)」です。

ポイント

「アクティブ」コース:より大きな値動きが見込まれます
「バランス」コース:堅実な値動きが見込まれます

 

楽天会員であれば誰でもできる(楽天証券の口座は不要)

ポイント投資の場合、楽天証券の口座開設が必要になりますが、ポイント運用の場合は不要です。

手軽に運用を始めるにはもってこいですね!

楽天ポイント運用のデメリット

  • 月の追加上限額がある
  • 運用でポイントが減る可能性がある

月の投資上限額がある

1回に追加できる上限は30,000ポイント、月に利用できるトータルポイントは楽天グループ全体で100,000ポイントまでです。

ポイント

ダイヤモンド会員の場合はどちらも上限が500,000ポイントに引き上げられます。

 

運用でポイントが減る可能性がある

投資全般に言えることですが、連動する投資信託の基準額が下がってくればポイントの評価額も下がります

この点はリスクについては事前に認識しておきましょう。

 

楽天ポイントを買い物で使いたい場合はポイント運用がオススメ

ポイント投資とポイント運用、どちらも似たようなサービスですが果たしてどっちが良いのでしょうか?

以下の方にはポイント運用をオススメします。

  • 投資経験の少ない方
  • 楽天証券の口座を開設していない方
  • 楽天ポイントを買い物の割引に使いたい方

ポイント運用は投資のお試しのようなサービスです。

このサービスを通じてより投資に興味が湧いたら楽天証券で口座開設をして、ポイント投資にも挑戦してみましょう。

 

楽天ポイント運用をするためには?

楽天ポイント運用はアプリやサイトから手続きをすることができます。

それぞれ赤枠で囲まれている部分をタップ・クリックしてください。

楽天PointClubのスマホサイトから

楽天PointClubのアプリから

楽天PointClubのPCサイトから

ポイント運用画面以降の流れ

ポイント運用画面以降の流れ画面はどれもほぼ一緒です。

「アクティブコース」か「バランスコース」を選んで「追加する」をクリックしてください。

注意ポイント

この画面ではすでに運用ポイントを振り分けているため、初めてポイント運用を始める場合と画面の表示内容がやや違う可能性があります。

 

移った画面で、ポイント運用に振り分けるポイントを決めてください。

 

この画面が表示されると、ポイントの振り分けが完了しています。

注意ポイント

上記の画面にも表示されていますが、ポイントを振り分けした後すぐに運用が始まるわけではありません。

また運用に振り分けたポイントを再び引き出す場合も、同様に数日かかるので注意です!

楽天ポイント運用の状況確認について

今後は上記の部分で運用状況の確認ができるようです。

 

追記:4/3時点で運用益が出ていました!

楽天ポイント運用開始後、しばらく日にちをあけてから再度確認してみると、ポイントが変動していました!

こま
+10ポイントで利回り2%!やったね!

注意ポイント

今回は良い結果でしたが、もちろん運用状況によってはマイナス評価になることもありますのでご注意を!

 

おわりに

以上、楽天のポイント運用サービスの紹介でした。

いや〜楽天は本当にサービスが多い!多いからわかりにくい!

ただ使いこなすことができれば得なものばかりですから、ぜひ敬遠せずに楽天のサービスを利用していただきたいと思います。

利用できるものは利用しないと勿体無いですよ!

こま
最後まで読んでいただきありがとうございました!





投資全般 日本株

2019/7/22

日経平均は2021年内に30,000円を突破できるのか?

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 日経平均株価が2020年や2021年に30,000円に到達するという記事は定期的に出るのですが、自分なりにこの予想が妥当なのかを検討してみたいと思います。 結論から言ってしまうと、私はなかなか難しいのではないかと考えています。 こまこの記事は日経平均株価が2021年までに30,000円に到達できるのかについて検討する内容です。

ReadMore

投資全般 米国株

2019/7/21

【S&P500】史上最高値更新は一旦落ち着きそう

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 米国株価指数のNYダウ、S&P500、ナスダックが揃って史上最高値を更新した今週ですが、その後やや大きめな下落をして週末を迎えました。 今後の動きに応じたシナリオを考えていきます。 こま今後のS&P500の動向について整理していきたいと思います。

ReadMore

投資全般 ウェルスナビ

2019/7/20

【ウェルスナビ(+4.52%)】7月FOMCは0.25の利下げでほぼ決まりか(2019/7/20)

30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 今週の前半に揃って史上最高値を更新したNYダウ、S&P500、ナスダックですが、その後は頭打ちになり19(金)には下落して週末を迎えました。 ウェルスナビの円評価は現状+4.52%となっています。 こま今回はウェルスナビ(WealthNavi)2019/7/20現在の運用状況報告記事です! ↓前回の運用状況(2019/7/6)はこちら

ReadMore

投資全般

2019/7/18

【NISA口座運用報告】ようやく初のプラス評価に!しかし喜びもつかの間かもしれない。。

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 今年のNISA口座ですが、ようやくプラス転換しました! 米国の景気の先行きが不透明になっているので、一時的かもしれないと思いつつもプラス評価になってくれたのは嬉しいです! こまこの記事は2019/7/18時点でのNISA口座の評価状況の報告です。

ReadMore

投資全般 VIX(米国VI)

2019/7/17

【VIX投資】短期で米国VIブルETFの買ポジ検討!米国VIベアETFの買ポジは継続保有中!

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 NYダウ、S&P500、ナスダックと、米国株価指数は絶好調です。 その影響で、VIX銘柄である米国VIベアETF(SVXY)も値が上がってきました。 こまこの記事は2019/7/17現在のVIX銘柄の投資状況についてのご報告です。

ReadMore


友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!


-ポイント投資, 投資全般

Copyright© 30代Webディレクターこまの倹約・投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.