投資全般 米国株

【PFF】iシェアーズ 米国優先株式ETF(高配当)

投稿日:2018年12月19日 更新日:

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。

今回は米国の優先株式に投資する「iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)」について紹介したいと思います。

こま
iシェアーズETFシリーズは、アメリカの大手ETF運用会社ブラック・ロック社が運用しています。

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)とは?

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)は、米国S&P銘柄の優先株式の指数「S&P 米国優先株式インデックス」に連動することを目指すETFです。

優先株式は、議決権がない代わりに普通株式よりも高い配当を受けることができます。

以下、iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)の概要をまとめます。

  • 設立:2007年3月26日
  • ベンチマーク:S&P 米国優先株式インデックス
  • 信託報酬:0.46%
  • ETF純資産総額:147.64億米ドル
  • 構成株式銘柄数:300銘柄
  • 株価収益率(PER):14.03倍
  • 株価純資産倍率(PBR):1.11倍
  • 分配金利回り:5.27%

ここ数年はほぼ同じ水準で推移

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)のチャートは、2011年からほぼ同じ水準で推移しています。

インカムゲインでの収益が中心になりそうです。

パフォーマンス実績(2018年10月31日まで)

期間 リターン(年率)
1年間 -0.67%
3年間 3.00%
5年間 5.03%
10年間 9.26%
設定来 3.92%

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)の保有上位10銘柄と割合

企業名 割合
ベクトン・ディッキンソン 2.21%
ジーエムエーシー・エルエルシー 2.04%
バークレイズ 1.98%
シティグループ 1.80%
ブラックロック・キャッシュ・ファンズ・トレジャリー・SL・エージェンシー 1.52%
センプラ・エナジー 1.28%
ウェルズ・ファーゴ 1.25%
シティグループ・デポジトリー 1.20%
PNC フィナンシャル・サービシズ・グループ 1.17%
HSBCホールディングス 1.10%

保有上位銘柄は、ほぼ金融セクターで占められています。

セクター(業種)構成比

セクター(業種) 構成比
銀行業 36.44%
各種金融 24.50%
不動産 12.57%
保険業 9.90%
公益事業 3.61%
エネルギー 3.17%
ヘルスケア機器・サービス 2.21%
資本財 2.04%
食品・飲料・タバコ 1.82%
キャッシュなど 1.45%

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)の特徴

米国の優先株式に集中投資

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)は米国の優先株式300銘柄に投資をしています。

優先株式のため、通常より多くの配当を得ることができます

信託報酬は0.46%

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)の信託報酬は0.46%となっています。

ポイント

ETFの信託報酬は年を追うごとにコストが安くなってきているため、今後さらに減額になる可能性もあります。

安心のETF純資産1.7兆円

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)の純資産は2018年10月31日時点で147.64億米ドル(約1.7兆円)です。

こま
「myINDEX」ではPFFはインデックスファンド純資産ランキング47位(全1,183件中)になっているね!

>>myINDEXのランキングを見る

まとめ

最後にもう一度iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)についてまとめてみます。

  • 米国の優先株式300銘柄に投資をしている!
  • 信託報酬はグローバルETF最低水準の0.46%!
  • インカムゲイン(配当金)狙いのETF
  • ETF純資産額は安心の約1.7兆円!
こま
iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)の値は長期安定しているため、配当金狙いの投資におすすめのETFの一つです。

PFFに投資するならSBI証券がおすすめです!

  • 顧客満足度NO.1 ※2016年度 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券会社部門 総合第1位
  • ネット証券口座開設数NO.1 ※350万口座
  • 初めてでも安心の電話サポート
  • 業界最低水準の取引手数料

>>SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ





投資全般 米国株

2019/7/11

【米国株】アップル、グーグル株売却!7月FOMCの利下げ0.50%予想がジワジワ上昇中

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 パウエルFRB議長の議会証言に注目が集まっていましたが、ハト派の発言となったことでS&P500、ナスダックは史上最高値を更新しました。 特にS&P500は3,000を突破した記念の日となりました。 そんな中ですが、私はGMOクリック証券CFDで保有有していたアップル、グーグル株を売却しました。 こま景気後退に向けて銘柄の組み替えをしていきたいと考えています。

ReadMore

投資全般 米国株

2019/7/9

【つみたてNISA】運用するなら米国(+新興国)!具体的な銘柄も紹介!

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 金融庁の「老後2000万円問題」をきっかけに、老後の危機意識が高まり証券会社の口座開設申し込みが急増しているようです。 「老後2000万円」動く個人 ネット証券に申し込み急増(日本経済新聞)   もし友人から相談を受けた場合、私は「つみたてNISA」での米国(+新興国)投資をオススメします。 ただし、具体的な銘柄については私も詳しくないため、将来あるかもしれない相談に備えて今のうちに予行練習をしておこうと思います笑 そ ...

ReadMore

投資全般 米国株

2019/7/8

【米国投資】S&P500、NYダウ史上最高値更新!一旦ポジション整理して景気後退に準備!

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 米国株はS&P500に続いてNYダウも史上最高値を更新という状況のため、私が保有している銘柄も含み益が多くなっております。 こまこの記事では米国株CFDの保有状況と評価額の報告をします。

ReadMore

投資全般 米国株

2019/7/7

【7/10更新:米国株の取引手数料】SBI証券vs楽天証券vsマネックス証券

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 先日7/4、マネックス証券が米国株の最低取引手数料5米ドルから0.1米ドルに引き下げを発表したことをきっかけに、各社最低手数料の引き下げ合戦が起こっています。 <追記2019/7/9> SBI証券より7/22からは最低手数料を撤廃する発表がありました! <追記2019/7/10> マネックス証券、楽天証券より7/22からは最低手数料を0.01米ドルではなく無料(撤廃)する発表がありました!   こま7/10現在で「SB ...

ReadMore

投資全般 米国株

2019/7/5

【暴落警戒】米国株高を素直に喜べない5つの要因

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 S&P500に続き、NYダウも史上最高値を更新しました。 株価だけを見れば非常に良い状況ではあるのですが、私はこのタイミングで保有銘柄を一旦整理することにしました。 幸いなことに、株価が史上最高値を更新したこのタイミングは売り時としては申し分ありませんので、下落に備えて身軽になっておくことにします。 というのも、株価が今後もこのまま順調に上がっていくかというと、そうは思えないからです。 こまこの記事では今の米国株の株高を ...

ReadMore


友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!


-投資全般, 米国株

Copyright© 30代Webディレクターこまの倹約・投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.