健康・病気

【健康診断の結果】糖尿病・人工透析のリスクも?原因の特定と対策

投稿日:

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。

先日受けた健康診断ですが、総合結果で「C」判定となってしまいました!笑

ちなみにそれぞれの判定の意味としてはこんな感じです。

  • A:異常なし
  • B:心配なし
  • C:経過観察
  • D:要再検査
  • E:要精密検査
  • F:要治療
  • X:中止(判定不能)

「C」判定は経過観察なので大したことはないのですが、「A」判定が出なかった項目の整理と対策について考えていきたいと思います。

こま
この記事は健康を考える記事です。

「血糖値」「腎機能」「悪玉コレステロール(LDLコレステロール)」「内臓脂肪」「有酸素運動」「食生活」などがキーワードになってくるかと思います。

注意

私は医療従事者ではないため、間違った解釈をしている可能性も大いにあります。その点を留意して読んでいただければと思います。

引っかかったのは3項目

今回の健康診断で引っかかった項目は「空腹時血糖」「悪玉コレステロール」「推定糸球体ろ過量(eGFR)」の3項目です。

具体的な測定値と、正常値は下記の通りです。

  • 空腹時血糖:100ml/dl(C判定)※正常値:60~99mg/dl
  • 悪玉コレステロール:131mg/dl(B判定)※正常値:60~119mg/dl
  • 推定糸球体ろ過量(eGFR):79.8(B判定)※正常値90.0以上

推定糸球体ろ過量(eGFR)とは?

血液は腎臓内にある毛細血管(糸球体)でろ過されて、老廃物は尿として排出されるようになっています。

その老廃物の一つにクレアチニンという物質があります。

本来尿として排出されるはずのクレアチニンの血中濃度が高い場合、腎臓のろ過機能の異常が疑われます。

血清クレアチニン濃度と年齢などの要素を勘案して算出されるのが推定糸球体ろ過量(eGFR)です。

こま
「クレアチン」じゃなくて「クレアチニン」ですよ!

ちなみに私の場合、血清クレアチニン濃度自体は0.88で「A」判定でした(1.01になると「B判定」)。

 

「B」判定以下が出た要因と対策をそれぞれ考えてみる

ここでは、健康診断で引っかかってしまった「空腹時血糖」「悪玉コレステロール(LDL)」「推定糸球体ろ過量(eGFR)」の要因について、それぞれ考えてみたいと思います。

 

空腹時血糖が高い要因

糖質は人が活動する上で必要なエネルギー源になる一方、余分な糖質は体内のタンパク質と結びついて血管を傷つけてしまいます。

そのため血糖値はホルモンの働きによってある一定の水準に保たれています。

空腹時にも関わらず血糖が高いということは、血糖値を下げるホルモンである「インスリン」の分泌量が少ないか、「インスリン」の効果を阻害する要因があるということになります。

ポイント

血糖値を上げるホルモンは「グルカゴン」をはじめ複数あるのですが、血糖値を下げるホルモンは「インスリン」のみです。

これは人類の歴史の中で、飢餓などによって血糖値を上げる必要性は過去に多くあったものの、血糖値を下げる必要性が出てきたのはごく最近だからと言われています。

こま
糖尿病は食べ物に困らないからこそかかる贅沢病と言えるかもしれませんね。

生活習慣の中で、空腹時血糖が高い要因を考えてみると、下記が思い当たります。

  • 1日2食生活(朝食抜き)
  • 晩ご飯は遅めの時間が多い
  • 晩ご飯の量が多い(お米など)
  • 内臓脂肪が多め

1日2食生活(朝食抜き)

私は平日は朝食を抜いた生活をしています。

これは胃腸を休ませる時間が確保できるという良い面もあるのですが、その後の食事で血糖値が上がりやすい傾向があるようです。

血糖値が高くなる状況が多くなると、身体も高血糖の状態に慣れてしまうため「インスリン」の効果が鈍くなる(インスリン抵抗性)が高くなってしまっているかもしれません。

また、前日の夜ご飯(21:00~22:00頃)から翌日のお昼ご飯(13:00~17:00頃)まで、最大20時間(!)も食事を摂らない日もあるので、身体も血糖値をそこそこ高く保ってないとまずい!と考えてくれているのかもしれません笑

 

晩ご飯は遅めの時間が多い

晩ご飯は21:00まで、睡眠時間の4時間前までに摂ると良いという話も聞きますが、私の帰宅時間は20:00~23:00頃。

必然的に晩ご飯の時間も遅くなってしまいます。

食べたあとすぐに寝るのは脂肪増一直線なので、1時間以上は空けてから寝るようにしていますが、晩ご飯の時間を早めるのはなかなか難しいかもしれません。

こま
帰宅途中で外食をするという方法もありますが、食費がかさみますし栄養バランスも偏りそうなので消極的です。

 

晩ご飯の量が多い(お米など)

私は朝食抜きの生活をしていますが、本当は食べるのが好きな人間です笑

晩ご飯は一日の仕事を終えてリラックスしている状態なので、いっぱい食べたくなるんです。

また、実は私はお米が大好き!笑

玄米食に切り替えてはいるのですが、ちょっと量が多いかもしれませんね!

 

内臓脂肪が多め

月一で計測している体組成の判定結果によると、私の内臓脂肪量は1.1kg、内臓脂肪レベル8とのことでした。

これは適正レベルギリギリの水準で、レベル9~10になると境界型、レベル11以上になると肥満判定でした。

肥満はインスリン抵抗性に影響すると言われているので、内臓脂肪量をより適正なレベルに近づけることで血糖値も改善するかもしれません。

 

●直近(7/24)の体組成判定の記事はこちらで報告しています。

【肉体改造4ヶ月】しつこい脂、落ちてきました。

こんばんは!30代Webデザイナーこま(@koma_piece01)です。 肉体改造・健康維持のために体組成計での測定を始めて4ヶ月が過ぎました。 先月は頑張った割に脂肪が増える結果になりましたが、今 ...

続きを見る

 

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が高い

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は悪玉とついていますが、細胞膜や血管の維持・修復にも必要なものです。

悪玉コレステロールが血中に多いということは、私の血糖値がやや高いことで血管が傷ついているからかもしれません。

そのため血糖値を下げられれば悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の値も下がるかも?と考えています。

なぜ「悪玉」と言われるか?

過剰に分泌されて余ってしまった悪玉コレステロールは、酸化すると血管壁と結びついて動脈を硬くする(動脈硬化)ため、結果心筋梗塞や脳卒中(脳出血、クモ膜下出血、脳梗塞)につながると言われています。

そのため悪玉コレステロール値が高い=動脈硬化につながるとは限りません。

ちなみに動脈硬化が進んでいると血圧は高くなりやすいですが、今回の私の血圧は116/66と最も良い部類に入りました。

こま
コレステロールは肝臓でも製造できるため、食事で摂取量を制限しても血中コレステロール量には影響しないというのが最近の考えです。

 

推定糸球体ろ過量が少ない

血清クレアチニン量は0.88と正常値なのに、血清クレアチニン量と年齢・性別を加えて計算される推定糸球体ろ過量(eGFR)では「B」判定になってしまうのは、正直それぞれの判定基準に差があるのでは?と感じてしまうのですが、元々血清クレアチニン量が出にくい身体だからろ過能力が下がっても血清クレアチニン量は正常値内と考えることもできます。

血清クレアチニン量は筋肉量と比例するようなので、筋肉量の少ない私は元々の血清クレアチニン量が少ない可能性があります。

となると、やはり糸球体のろ過能力が下がっているかもしれません。

ではその原因として考えられるものは何か?

糸球体は毛細血管の塊なので、血管に悪影響を与えてしまう「高血圧」や「高血糖」、「脂質異常」が腎臓の機能にも直結するようです。

となると、ここでも私の場合は血糖値が影響かもしれません。

こま
こうしてみると高めの血糖値が色々派生してしまっているのかなと感じますね。

 

「B」判定以下の要因の相関性

以上のことから、私の身体で行っていることについて仮定でまとめてみました。

 

改善するための対策

結局、根本原因は「運動不足」と「食生活」という平凡なものです。

当たり前なことを当たり前にできていないからこその異常ということで、とても身に染みます(><;)

血糖値がさらに高くなると糖尿病になりますし、腎臓のろ過機能が下がると慢性腎臓病(CKD)になります。

どちらの病気も行き着く先は人工透析です。

人工透析になると1回4時間ほどの治療を週3~4日しなければいけなくなり、日常生活への影響が大きくなってしまうのでできるだけ遅らせたいですね。。

 

内臓脂肪は有酸素運動で燃やしやすい

内臓脂肪量は有酸素運動との結びつきが強いので、日ごろからジョギングや水泳などの継続が大切ですね。

こま
週一は心がけるようにしたいと思います。

 

朝の栄養摂取と、晩ご飯での糖質プチ制限で血糖値コントロール

インスリン抵抗性がついてしまっているとすると、要因は食事回数が少ないことと、晩ご飯での糖質過剰摂取による食後血糖の上昇が激しい(ここは想像ですが)ことかなと感じます。

そのため平日朝でも牛乳や豆乳、トマトジュースなどの飲み物で栄養を摂取することと、晩ご飯での糖質制限を実施します。

こま
お米は身体への影響を考えて、半年前から玄米食にしているのですが、量が多ければ効果は薄いということでしょうね。

 

●玄米食のメリットは別記事を書いていますので、よろしければどうぞ!

【玄米食はじめました】低GL・低 GIでミネラル豊富な玄米。注意点は?

こんにちは! 血糖値が100で、将来の糖尿病が心配なこま(@koma_piece01)です笑 糖尿病、怖いですよね。 インスリン注射を打ったり、最悪人工透析に通わなければ行けなくなったりと、日常生活に ...

続きを見る

 

余談:将来人工透析はなくなる?

東京慈恵医大と大日本住友製薬は共同で、豚の胎児組織とiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った人間の腎臓再生医療の研究を進めています。

参考:日本経済新聞

記事によると2020年代の実用化を目指しているということですが、人工透析の恩恵を受けている医療機関や企業は多いので、技術的な課題がクリアされても既得権益側からの抵抗がありそうな気がしています。

人工透析の費用

高額療養制度によって患者本人の負担は月あたり上限10万円程度ですが、実際には40万円ほどの費用がかかっています。

また、透析の間、医師や看護師が患者一人一人に付きっきりである必要はないので、人件費の面からみると人工透析は儲けを出しやすいです(初期費用はかかりますが)。

 

おわりに

以上、「【健康診断の結果】糖尿病・人工透析のリスクも?原因の特定と対策」でした。

今回の健康診断で出た「B」「C」判定は、正常値からちょっと足が出ただけの状態なので大したことはありません。

ただこうした生活習慣による異常はこれまでの生活の積み重ねの結果であるため、大したことなくても改善に時間がかかります。

今のうちから対策をして、歳を重ねてからも健康でいられるようにしていきたいと思います!

こま
普段の倹約や資産運用なんて、すぐ死ぬんだったら無意味ですからね笑

健康であることが大前提の資産運用です。

皆様も健康にお気を付けください!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
いつもクリック応援ありがとうございます!感謝です!


友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!


-健康・病気

Copyright© 30代Webディレクターこまの倹約・投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.