その他

【感受性・発想力を育てる】カマキリ先生(香川照之)に見た当事者意識の大切さ

(画像はNHK「香川照之の昆虫すごいぜ!」公式ホームページより)

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。

今日は俳優・歌舞伎役者の香川照之さんことカマキリ先生の話をしたいと思います。

私も子どもの頃は昆虫が好きで、アゲハ蝶やカブト虫・鈴虫などを卵から育てたり、夏にはそこら中で虫取りをしていたので、NHK Eテレの「香川照之の昆虫すごいぜ!」は毎回楽しみにしています。

今年(2018年)の夏に上野の国立科学博物館で開催された「昆虫」展にも行ってしまいました笑

その中で、香川照之さんの感受性もすごいなと思わせられることが多いので、その点について書いてみたいと思います。

目次(タップで移動できます)

感受性がすごい!

私も昆虫が好きだったという話は冒頭の通りです。

ただ、私はただの昆虫好き。

「好き」で終わってしまっていました。

カマキリ先生の凄さは、「好き」で終わらないところなんですよね。

それを感じたのが、以下のインタビュー記事(一部抜粋)です。

一番の学びは、“飢えていることの大切さ”です。野生にいるカマキリは、そうそうエサとなる昆虫とは出会わないので、飢えています。僕はカマキリがエサを食べるところを見たいので、おなかがすいたカマキリを庭に連れてきて、バッタを目の前に置いたんですね。すると久しぶりのエサだったんだろうね。“0.5秒”で獲ったと思ったら、一気にムシャムシャ食べるわけ。「わぁー、あっという間に食った!」と驚きました。

〜中略〜

ところが、そんなふうにエサをあげ続けた3日目、のんびり半分くらい食べたところで、残りの半分はポロッと落とし知らん顔。揚げ句はエサがあっても食べなくなる。

あんなに獰猛で、力強く、俊敏な動きをしていた“あいつ”が変わってしまったわけです。その様子を見たときに、「あぁ、常に飢えていないとダメになってしまうんだな」と思いました。

常に飢えていることが美しさであって、満たされた状態がいかに醜いか。大人になり年齢を重ねると、何らかの立場ができ、お金や物で満たされたら、飢えを感じなくなる。それでも精神的に飢えた状態をつくれる唯一の生物が人間。飢えた状態でいることが重要だと思うんです。この感覚は大人になり、役者という仕事をしている自分に根付いていますね。

出典:PRESIDENT Online

昆虫の変化を見て、自分の生き方の教訓にしているんですよね。

私は昆虫を観察していても、こんな風に感じたことはなかったな〜

 

カマキリ先生(香川照之)の感受性すごいぜ!

 

発想力がすごい!

上野の国立科学博物館で2018年夏に開催されていた「昆虫」博。

カマキリ先生は当然のようにオフィシャルサポーター。

この博物展では、カマキリ先生の発想がすごいな〜と感じるものがありました。

それがこちら↓↓

 

(国立科学博物館 「昆虫」博より)

もし昆虫が野球やサッカーをするなら、どのポジションにどの昆虫を充てるかという展示です。

 

普通思いつきます??

おもしろすぎです!

 

カマキリ先生(香川照之)の発想力すごいぜ!

 

終わりに

以上、カマキリ先生のすごさを語ってみました笑

私も物事から情報を得るだけではなく自分自身にちゃんと落とし込むこと、一見関係ない物事を組み合わせて面白い物を作るという柔軟な発想は育てていきたいなと感じています。

これには日々頭を使って考えるということや、常識にとらわれすぎないように、良い意味でもっとふざけて生きようと思います笑

 

カマキリ先生(香川照之)あなたがすごいぜ!

 

ちなみに俳優としての香川照之さんは、ドラマを観ないのでわかりません!すいません!!

友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!



  • この記事を書いた人

こま

30代独身男、都内勤務の会社員こまです。日々の節約や収入アップを模索しつつ、余裕資金を株や金・不動産などに投資しています

お金は生活する上でとても大切なものだからこそ、色々知識を増やしていくことが必要だと考えています。

お金に興味を持った方が、このブログを活用していただければ嬉しいなと思います!

詳細プロフィールはこちら

-その他

Copyright© こまの節約・投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.