投資全般

投資信託・ETF 選び方のコツ(インデックスファンド編)

2019年5月19日

こんばんは!こま(@koma_piece01)です。

投資信託やETFにはインデックス型とアクティブ型の二つがありますが、それぞれ購入する際には自分なりにある程度の目安を設けています。

今回はインデックス型の投資信託やETFを購入する際の基準について書いていきたいと思います。

アクティブ型の記事はこちら↓

投資信託・ETF 選び方のコツ(アクティブファンド編)

こんばんは!こま(@koma_piece01)です。 投資信託やETFにはインデックス型とアクティブ型の二つがありますが、それぞれ購入する際には自分なりにある程度の目安を設けています。 前回はインデッ ...

続きを見る

こま
この記事は投資初心者向けです。インデックス型の投資信託・ETFの見極め方について述べていきたいと思います。

インデックス型とは?

インデックス型は、ある株式指標の動きに連動するような運用を目指す投信信託やETFの総称です。

株式指数は「日経平均株価」や「米国NYダウ30種」「米国S&P500」「英国FTSE100」などがあり、個々のファンドによってどの株式指数を基準とするかは違います。

例えば「ニッセイ日経平均インデックスファンド」は日経平均株価と同じ動きを目指すインデックス型です。

 

インデックス投資のメリット・デメリット

メリット

  • 手数料が安い
  • 運用成績が安定する
  • 市場の情報が手に入りやすい

手数料が安い

インデックス型は基準となる株式指標があるため、人件費が抑えられ、手数料が低く設定されています。

長期間投資を続けていく上で、特に毎年発生する信託報酬が安く済むと再投資に回せる金額が増えることになり、大きなメリットです。

 

運用成績が安定する

インデックス型は日経平均やNYダウなどの株価指数への連動を目指して運用をします。

これらの株価指数は国や大企業などで切り分けられた株式指標の平均値になるため、良い成績の銘柄と悪い成績の銘柄を相殺しあいます。

そのため業界全体がプラスになっていれば利益をあげることができます。

 

市場の情報が手に入りやすい

銘柄にも寄りますが、日経平均やNYダウなどの主要な株式指標は情報が手に入りやすいです。

そのため、運用する上で材料を得やすく、投資の判断をしやすいです。

 

デメリット

  • 世界経済が減速する場合はマイナスの影響を受ける

世界経済が減速する場合はマイナスの影響を受ける

インデックス型はある程度大きな市場の平均値なので、市場全体がマイナス成長の際にはマイナス評価を受けます。

これまでは世界経済が成長してきたため恩恵を受けることが多かったですが、今後も成長を続けられるかは不透明です。

 

インデックス型投信・ETF 選定のコツ

ファンドによる運用成績の差はほぼなし

インデックス型の場合、同じ株式指標の動きを基準にしている場合、運用成績に大差はありません。

参考に「S&P500」連動のETFである「VOO」「IVV」「SPY」の比較をした記事を過去に書いていますのでよろしければどうぞ。

VOO・IVV・SPY比較!VOOをオススメする2つの理由

S&P500ETFであるVOO、IVV、SPYのうち結局どれに投資すれば良いの? こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 米国の株価指数S&P500に連動したETFは大変 ...

続きを見る

 

純資産残高が高いとより安心

上記の通り、基準とする株式指標が同じ場合、過去の運用成績では差がほぼありません。

そのため純資産残高が高い銘柄の方が、運用するための体力があるので安心です。

 

手数料が安いと複利運用で差が拡がる

純資産残高の差と同様に、手数料を比較してみましょう。

手数料には購入時の手数料と運用手数料がありますが、長期運用をする場合は運用手数料(信託報酬)が重要です。

信託報酬の安い銘柄を選ぶことをおすすめします。

 

投資信託を買うならネット証券がおすすめです!

投資信託を買うならSBI証券・マネックス証券・楽天証券のネット大手3社がおすすめです。

この3社は手数料が業界最低水準で、取り扱い銘柄数も豊富です。

\ ネット証券最大手 /
>>SBI証券<<

\ 豊富な取扱銘柄 /
>>マネックス証券<<

\ 楽天ポイントも貯めたいなら /
>>楽天証券<<

 

おわりに

以上、「投資信託・ETF 選び方のコツ(インデックスファンド編)」でした。

今後アクティブ型の選び方のコツについても記事にしたいと思います。

<追記>

アクティブ型の記事も書きました!

投資信託・ETF 選び方のコツ(アクティブファンド編)

こんばんは!こま(@koma_piece01)です。 投資信託やETFにはインデックス型とアクティブ型の二つがありますが、それぞれ購入する際には自分なりにある程度の目安を設けています。 前回はインデッ ...

続きを見る

こま
最後まで読んでいただきありがとうございました!

大切な資産を「着実に」「コツコツと」増やしていきたい方へ

配当株のうち、優良な米国株を紹介している無料メルマガの紹介です。

老後資金2,000万円問題解決のため、経済的な不安を減らすため、夢や目標を達成するために日本株よりも強い米国株と、配当を組み合わせた投資をオススメしています。

安定して成長する米国株で、着実にコツコツ、安定配当を得たい方必見!

\ メルマガ登録 完全無料 /
オックスフォードインカムレター



  • この記事を書いた人

こま

30代独身男、都内勤務の会社員こまです。日々の節約や収入アップを模索しつつ、余裕資金を株や金・不動産などに投資しています

お金は生活する上でとても大切なものだからこそ、色々知識を増やしていくことが必要だと考えています。

お金に興味を持った方が、このブログを活用していただければ嬉しいなと思います!

詳細プロフィールはこちら

-投資全般

© 2020 こまの節約・投資ブログ