投資全般

18年度GPIFの運用益2.3兆円!目標を上回る運用状況を維持!

投稿日:

こんにちは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、2018年度の運用成績を公式ホームページで公開していました。

>>GPIFホームページ

 

こま
せっかくの機会なので、GPIFの運用成績とポートフォリオ、年金不足分を賄えるのか?についてまとめてみました。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)とは?

GPIFは厚生年金保険事業及び国民年金事業の安定に資することを目的としている組織、つまり年金の運用を行う独法です。

ホームページにはカッコイイ動画までありました(なぜか英語)。

 

2018年度のGPIF運用成績

公開されている情報をまとめると以下の通りです。

  • 運用資産額:159兆2,154億円
  • 収益額:2兆3,795億円
  • 収益率:1.52%(年率)
こま
収益率は1.52%とイマイチですが、資産額が159兆円とバカでかいので収益額も2.3兆円。

これなら野党も文句は言えないでしょう笑

 

2018年度の運用状況報告動画も公開されています

こま
こちらは日本語での報告です笑

 

GPIFのポートフォリオ

GPIFは2014年10月31日にポートフォリオの変更を発表し、以降は外国資産や株式の比重を高めた積極的なポートフォリオになっています。

変更前と後の内訳です。

  • 国内債券:60%→35%
  • 国内株式:12%→25%
  • 外国債券:11%→15%
  • 外国株式:12%→25%
  • 短期資産:5%→0%

ポートフォリオ変更が発表された当時(2014年10月31日)の出来事はよく覚えています。

3日前の10月29日には米FOMCが量的緩和の終了を決めたタイミングでした。

そして10月31日はGPIFのポートフォリオ変更発表に加えて、日銀の政策金融決定会合が開かれた日でした。

会合後に追加緩和(黒田バズーカ2)を発表、その結果大きく円安株高に動きました。

こま
この時のGPIFの運用額は131兆円。

国内株式と外国株式の割合を13%増やすことによって、それぞれの市場に17兆円のお金が流れ込むことが決まった瞬間です。

当時FXのネット番組では、為替相場で1円動かすには約1兆円必要という話が出ていたんですよね。

これぞ「the官製相場」という時期で、円安株高がみるみる進んでいきました。

 

年度毎の資産推移とポートフォリオの変化

こま
年度別のポートフォリオを見ると、実は2014年の発表前から徐々に株式への移行が始まっていたのでは?なんてこともわかります笑

 

GPIFのトータル運用成績

トータルの収益額は+65.8兆円、平均収益率は+3.03%とのことです。

この数値が良いのか悪いのかということですが、GPIFの概況書には以下の記載があります。

年金積立金管理運用独立行政法人(以下GPIFといいます。)の運用目標は、厚生労働大臣が定めた中期目標において、長期的に実質的な運用利回り(運用利回りから名目賃金上昇率を差し引いたもの)1.7%を最低限のリスクで確保することとされています。(単年度ごとに1.7%を達成するよう求められていないことに留意が必要です。)

引用:GPIF「2018年度業務概況書」

「実質的な運用利回り1.7%」の確保が目標とのことなので、3.03%の成績は目標を達成していることになります。

 

結局GPIFの運用で年金はまかえるのか?

国は将来的にはGPIFから年金の財源を20%ほど捻出する見通しを立てているようです。

そして、この見通しを元に立てられたであろう年金積立金の運用利回り1.7%は今のところ達成されているので、年金改革はうまくいっていると言えそうです。

ただし上の図を見る限りでは、保険料が100%を切ってくるのは2035年頃からなので、少なくとも今現役で働いている世代の負担は引き続き大きそうですね笑

こま
この図も「財源の内訳(割合)」を表しているのみで、総額はわからないので支給額がどうなるかは不透明です。

 

おわりに

以上、「18年度GPIFの運用益2.3兆円!計画を上回る運用状況を維持!」でした。

GPIFが積極運用に舵取りをしたことに対しては賛否があり、特に四半期運用報告で成績が悪かった際には野党がここぞとばかりに突いてきますが、結果は見ての通りプラスです。

単発のニュースには踊らされないようにしましょう!

 

 

そして今回の記事は、もうちっとだけ続くんじゃ!

 

おまけ:訴訟の報告にはあの有名企業が!

概況書の中には、訴訟状況の報告までありました笑

確かに年金にするための資金ですから、こういう報告も必要なのかと思いつつ、どんな企業と係争中なんだろうかと見てみると、

  • 株式会社東芝
  • 新日本有限責任監査法人
  • フォルクスワーゲンAG
  • ポルシェ・オートモービル・ホールディングス
  • ドイツ銀行

出たよ東芝!

 

こま
東芝の株を直接買っていない人にも迷惑がかかってました!東芝の罪は重いっ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
東芝への怒りを込めてクリックお願いします笑


友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!


-投資全般

Copyright© 30代Webディレクターこまの倹約・投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.