投資全般

【iFreeActive ゲーム&eスポーツ】新型コロナにも強く純資産急増中!任天堂やテンセントなどに投資

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。

昨日の記事で紹介した教育×テクノロジーのテーマ投信「iFreeActive エドテック」ですが、このiFreeActiveシリーズは他にも面白いテーマに特化した投資信託があるなと感じました。

今回はゲーム・eスポーツに特化した「iFreeActive ゲーム&eスポーツ」を紹介します!

●「iFreeActive エドテック」の記事は下記からどうぞ!

【iFreeActive エドテック】教育×テクノロジーのテーマ投信

テクノロジーで教育格差をなくす! こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 今年のNISA口座で購入を予定している投資信託の一つで、教育×テクノロジー分野に投資する ...

続きを見る

こま
日本ではスポーツと聞くと決まったルールの元で競う運動をイメージしますが、海外では必ずしも運動である必要はないみたいですね。

eスポーツとは「競技が成り立つゲーム」

wikipediaから引用します。

エレクトロニック・スポーツコンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称である。「eSports」、「e-Sports」、「eスポーツ」、「イースポーツ」、「電子競技(でんしきょうぎ)」、「電競(でんきょう)」等と省略した形で主に使われる。

つまりは「競技が成り立つゲーム」=eスポーツってことですね!

格闘ゲームのよう対戦相手と勝負をできるものはもちろんですが、RPGでもタイムアタック勝負などもeスポーツになり得るようです。

しかしそれでは友達と家で対戦するのと何が違うの?となってしまいます。

友達の家で対戦することとeスポーツの違いは、興行として成り立つかどうかです。そうした興行にお金を出してくれるスポンサーや観客になってくれる第三者が必要になります。

そのためeスポーツの条件としては「競技性のあるゲームであること」「人気のあるゲームであること」「一定の競技者数やカリスマ性のある競技者(プロゲーマーなど)がいること」がとても大事です。

こま
多くの方がeスポーツをイメージしやすいものとして、任天堂のゲーム「スプラトゥーン」のイベント「スプラトゥーン甲子園」があります。

 

eスポーツで人気のゲームタイトルは?賞金総額は○○億円!?

なんとなくeスポーツの定義はわかってきたところで、それでは実際にはどんなゲームがeスポーツで成り立っているの?という点が気になりますね。

インターネット上に「Esport-Earnings」というeスポーツの賞金ランキングサイト(有志によって運営されているようです)があったので、2019年の賞金総額ランクトップ10のゲームと、プレイヤー(賞金額)を紹介します。

 

賞金総額トップ10のゲームタイトル(2019年)

タイトル賞金総額プレイヤー数大会数
Fortnite約72億円2,305人361
Dota 2約52億円1,312人217
Counter-Strike: Global Offensive約24億円3,860人814
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS約14億円1,390人111
Overwatch約11億円1,226人58
League of Legends約10億円1,764人165
伝説対決 Arena of Valor約9億円264人19
Call of Duty: Black Ops 4約7億円399人41
Rainbow Six Siege約6億円965人89
Hearthstone約5億円485人41

 

プレイヤー別 獲得賞金トップ10(2019年)

  • 1位:約3.4億円
  • 2位:約3.4億円
  • 3位:約3.4億円
  • 4位:約3.4億円
  • 5位:約3.4億円
  • 6位:約3.4億円
  • 7位:約2.0億円
  • 8位:約2.0億円
  • 9位:約1.7億円
  • 10位:約1.4億円

この賞金額をみるとゲームに対する価値観が以前とまるで違って見えますね。

これまでゲームは余暇を楽しむものでしたが、eスポーツの発展に伴って今後はゲームプレイヤーで生計を立てていく方が増えていくのではないでしょうか。

こま
ちなみに日本人で最高位は123位でしたが、それでも約2.3億円を獲得しています。

 

iFreeActive ゲーム&eスポーツの特徴


さて、ここからはiFreeActive ゲーム&eスポーツの内容になります。

iFreeActive ゲーム&eスポーツは、大和投資信託が運用する世界のゲーム・eスポーツ関連銘柄に投資する投資信託です。

 

組入銘柄トップ10(2020年2月28日現在)

銘柄組入割合
テンセント中国8.2%
NCソフト韓国8.0%
エレクトロニック・アーツアメリカ7.8%
エヌビディアアメリカ7.6%
アドバンスト・マイクロ・デバイセズアメリカ6.9%
パーフェクトワールド中国6.7%
アクティビジョン・ブリザードアメリカ6.5%
ビリビリ中国5.7%
フーヤ中国5.3%
任天堂日本5.2%

 

国別組入銘柄

日本株

  • セガサミーホールディングス
  • ソニー
  • バンダイナムコホールディングス
  • ネクソン
  • スクウェア・エニックス・ホールディングス
  • カプコン
  • サイバーエージェント

 

アメリカ株

  • アクティビジョン・ブリザード
  • 任天堂(ADR)
  • ビリビリ(ADR)
  • フーヤ(ADR)
  • Sea LTD(ADR)
  • エヌビディア
  • 網易(ネットイース)(ADR)
  • テイクツー・インタラクティブ
  • アドバンスド・マイクロ・デバイセズ
  • エレクトロニック・アーツ
  • Mail.ru GROUP(GDR RegS)

 

香港株

  • テンセント

 

イギリス株

  • キーワーズ・スタジオズ

 

スイス株

  • ロジテック・インターナショナル

 

韓国株

  • ネットマーブル
  • NCソフト

 

中国株

  • パーフェクトワールド

 

ポーランド株

  • CD PROJEKT S.A.

 

オランダ株

  • PROSUS N.V.

 

フランス株

  • ユービーアイソフト

 

iFreeActive ゲーム&eスポーツの基準価格推移(2020年4月25日現在)

2018年1月31日にスタートした新しい投資信託です。

新型コロナウイルスの影響で一時的に大きく下がりましたが、その後の戻りも早く勢いがあります。

これは緊急事態宣言やロックダウンなどによって世界的にゲーム需要が高まっているためと考えられます。日本でもニンテンドーSwitchが外出自粛(巣ごもり)の影響で品薄になっていることはニュースで取り上げられています。

2020年4月頃から純資産が異様に伸びていますので、投資資金もこれまで以上の規模で流れ込んできているようです。

 

期間別騰落率(2020年2月28日現在)

1ヶ月3ヶ月6ヶ月1年設定来
-1.8%+10.0%+24.3%+34.7%+4.1%

iFreeActive ゲーム&eスポーツは、私が記事を書いた2019年5月時点では基準価格が低迷していたのですが、2019年1月に底打ちしてジワジワ上昇、その後10月に大きく上昇したため運用成績は大きく改善しています。

 

 私の投資状況(2020年4月25日現在)

平均取得額現在の基準価格取得総額時価評価額損益額(損益率)
9,744.21円10,817円1,599円1,776円+176円(+11.0%)
こま
私がiFreeActive ゲーム&eスポーツに投資を始めたのは2019年5月からですので、現状は10%を超える含み益となっています(楽天ポイントのみで投資しているため金額が大したことないのが残念です。。)。

 

ゲーム・eスポーツは今後も成長・発展が見込める分野

ゲーム・eスポーツの分野は以下のような理由から、今後も成長が見込めそうです。

  • 新興国での年間ゲーム消費額の上昇余地の大きさ
  • 2013年に12億人だったゲーム人口が2017年には22億人に!
  • 多くのプロスポーツ選手が誕生していること
  • eスポーツの対戦に注目する視聴者は8,000万人になることも!
こま
eスポーツは将来的にはオリンピックの種目にも!?なんて言われていますし、今後も盛り上がりそうですね!

 

手数料

購入時手数料販売会社による(楽天証券はノーロード)
信託財産留保額なし
信託報酬1.1988%

アクティブ投資のため、信託報酬は高めとなっています。

 

iFreeActive ゲーム&eスポーツを購入するには?

iFreeActive ゲーム&eスポーツを購入するためには、このファンドを取り扱っている金融機関で口座を開設する必要があります。

取り扱っている主な金融機関は以下となっております。

>>SBI証券

>>楽天証券

>>マネックス証券

>>カブドットコム証券

>>松井証券

など

 

もし一般的な株式に近い動きを狙う場合は以下のようなインデックス投資をする銘柄がおすすめです!

 

●これ一つで全世界に投資!

【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回は米国のETFの一つである銘柄「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」について紹介したいと思います。 こまバンガード社は、ア ...

続きを見る

 

●アメリカ全土に投資!

【VTI】バンガード・トータルストック・マーケットETF(ウェルスナビ銘柄)

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回はウェルスナビ(WealthNavi)の投資先の一つである銘柄「バンガード・トータルストック・マーケットETF(VTI)」について紹介したいと ...

続きを見る

 

●アメリカ以外の先進国に投資!

【VEA】バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(ウェルスナビ銘柄)

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回はウェルスナビ(WealthNavi)の投資先の一つであるETF「バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)」について紹介した ...

続きを見る

 

●新興国に投資!

【VWO】バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(ウェルスナビ銘柄)

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 今回はウェルスナビ(WealthNavi)の投資先の一つであるETF「バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)」について紹介 ...

続きを見る

 

おわりに

以上、大和投資信託の「iFreeActive ゲーム&eスポーツ」の紹介でした。

この投資信託は長いスパンでの上昇を狙っています。

インデックス投資はWealthNavi(ウェルスナビ)で行なっていますので、NISAや楽天ポイント投資では面白そうなファンドにどんどん挑戦していきたいと思います!

 

●「iFreeActive ゲーム&eスポーツ」も投資中!楽天ポイント投資で購入した投資信託の記事についてはこちらをご覧ください↓

>>ポイント投資の記事一覧へ

 

他にも面白いファンドがあれば、また紹介していきます!

こま
私も学生の頃はプレステやオンラインゲームにハマったりもしていましたので、iFreeActive ゲーム&eスポーツは個人的に感情も絡んで応援したい銘柄です!最後まで読んでいただきありがとうございました!

友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!



-投資全般

Copyright© 30代独身男こまの節約・投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.