コイン収集・投資 投資全般

【コイン収集】第19回オークションワールド1日目の成果!2種類のコインをゲット!

投稿日:2020年1月20日 更新日:

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。

オークションワールド1日目が終わりました。

1日目に出品されるコインは日本・古代・アジア・南北アメリカだったのですが、私も7つほど事前入札を入れて臨みました。

結果、2種類のコインを落札することができました!

こま
今回の記事では、落札したコインについて紹介していきます。

1.メイプルリーフ銀貨 猿の刻印入り 1オンス

メイプルリーフ銀貨(猿刻印入り)1オンス

メイプルリーフ銀貨(猿刻印入り)1オンス

 

コイン概要

コイン名称 メイプルリーフ銀貨(猿の刻印入り)
製造元 カナダ造幣局
製造年数 2016年
素材 銀(99.99%)
重量 31.103g
鑑定 鑑定済み(PCGS SP69)
落札額 32,000円(5個セット×2)

 

入札理由

メイプルリーフ銀貨の中には、サトウカエデの葉の下に刻印がプラスされている「Privyシリーズ」と呼ばれるものがあります。

これもその一つで猿の刻印が入っています。

通常のメイプルリーフ銀貨(2016年)の相場は3,500〜4,000円くらいですが、「Privyシリーズ」の場合は7,000〜8,000円と相場は倍になります。

今回は5枚セットが2つ出品されていたので、それぞれ上限を30,000円(1枚あたり6,000円)にして事前入札していました。

他の方も入札していたようでしたが、最終的には16,000円でそれぞれ落札できました。銀貨1枚あたり3,200円とかなりお買い得でした!

こま
流石に10枚は手元になくても良いので、一部はちょっとした贈り物として誰かにあげようかなと思っています!

 

2.ギニア1000シリ金貨(ミリアム・マケバ)

 

コイン詳細

コイン名称 ギニア1000シリ金貨(ミリアム・マケバ)
ギニア(製造はスイスのヴァルカンビ社?)
製造年数 1977年
製造数 250枚
素材 金(90.0%)
重量 2.93g
鑑定 鑑定済み(NGC PF67 Ultra Cameo)
落札額 26,000円

 

入札理由

オークション前の下見でもチェックしていて個人的に好印象だった品で、グラミー賞受賞歴のある「ママ・アフリカ」こと歌手のミリアム・マケバが描かれています。

すでにNGC社で鑑定されていて、グレードはPF67 UCAMとなっています。

1977年にわずか250枚のみしか製造されていないことに加えて、現状この金貨より高評価なのはNGC社で3枚(PF69が1枚、PF68が2枚)、PCGS社ではそもそも鑑定に出された履歴がないようでした。

これは希少品と言えるのではないでしょうか?

この金貨の相場に関する情報は少なくて、NGC社のホームページではPF63が170ドル(約18,700円)、ある日本のコインショップではUNC(=PF63前後)が15,000円で販売されていた形跡がありました。

前回の下見の記事では、今回出品された金貨の適正相場を10,500円としていましたが、上記の通り下のグレードの金貨が15,000円〜187,00円で取引されていますから、PF67+UCAM評価のものが10,500円前後なわけないですね。

ということで入札額は確か上限を30,000円くらいにして、26,000円で落札権を持ったままライブオークションを迎えました(正確な数値を忘れてしまいました)。

ライブオークションでは新たな入札が入ることなく、そのまま落札できました!

通常、収集型コインは新しいもの素材価格の倍くらいの値が付くことは珍しくなく、年数を重ねたり製造数が少なければ相場が倍々ゲームのように増えていくものと認識していました。

ところがこの金貨は素材価格のみで約15,000円の価値があるので、落札価格の26,000円はかなり割安だったと思っています。

こま
アフリカのコインは日本ではまだ注目度が低く狙い目かもしれません!

それとも何か見落としていることでもあるのか・・・?

まぁ何にせよデザインに惹かれたことは確かなので、ゆっくり鑑賞したいと思います!

 

他にも気になっていたコインの落札額について

上記の他にも気になっていたコインがありましたが、最終的にいくらで落札されたのか自分メモも兼ねて書いておきます。

 

Lot.512 ローマ統治下のマケドニア通過

最終落札額:39,000円

私は15,000円くらいまでは参戦してましたが、倍以上の落札額となりました!

 

Lot.1000 アフガニスタン金貨

最終落札額:38,000円

事前の予想で40,000円前後と予想していましたが、ニアピンです!

とはいえ、実際の相場には不安だったので入札はしていませんでした。

次回以降出品されることがあれば手に入れたいコインです。

 

Lot.1061 クメール共和国 アンコールワット銀貨

最終落札額:34,000円

事前予想の10,000円前後を大きく上回る結果に。

NGC社のホームページでは、PF63で90ドル(約10,000円)の記録があるので、PF68 UCAMの今回の銀貨はもっと相場が上なのは当然ですね。

NGC社では同グレードは13枚、PF69が2枚という鑑定結果に加えて、下見でも綺麗な印象を持っていたのでぜひ手に入れたい銀貨でしたが予算オーバーでした。

一時は落札権を持っていました(たしか上限20,000円くらい)が、他の方に負けてしまいました。

アジアのコインは近年人気があるようですので、今後も苦戦しそうですね。。

 

おわりに

以上、「【コイン収集】オークションワールド1日目の成果!2種類のコインをゲット!」でした。

今回のオークションは会場に足を運ぶ予定でしたが、当日雪の予報も出ていたことやネットでライブオークションの様子もわかったので家にて参加しました笑

家からでも十分楽しめましたし、もし会場に足を運んでいたら冷静さを失って入札合戦に参戦してしまう可能性もあるので、今後もネット参戦で良いかな・・・笑

むしろ事前入札だけして、当日は様子を眺めるくらいの方が私には合っているような気もします。

まだオークションは続くので、続報は改めて記事にしたいと思います!

こま
最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
いつもクリック応援ありがとうございます!感謝です!


友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!


-コイン収集・投資, 投資全般

Copyright© 30代Webディレクターこまの倹約・投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.