投資全般 米国株

【アルファベット(GOOG)へ投資】時価総額世界4位!Google(グーグル)の躍進はこれからも続くか!?

投稿日:2018年12月13日 更新日:

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。

今回はアルファベット(GOOG)について紹介いたします。

アルファベットと聞くと馴染みなく聞こえるかもしれませんが、ティッカーシンボルを見るとなんとなく予想がつきませんか?

そう、アルファベットはグーグルです。

正確にはアルファベットがグーグルの持株会社という位置付けになります。

アルファベットには2種類(実は3種類)の株があります

アルファベットの株を購入する場合、2種類から選ぶことができます。

ティッカーシンボルはそれぞれ「GOOGL」と「GOOG」です。

「GOOGL」と「GOOG」の違いは議決権のあるなし

「GOOGL」は1株につき1つの議決権を持った株式で、クラスA株と呼ばれています。

反対に、「GOOG」は議決権を持たない株式で、クラスCと呼ばれています。

この「GOOGL」と「GOOG」は、株価が連動するようにできているため、個人的にはどちらでも構わないと考えています。

実はクラスB株も存在しています

とはいえ、クラスB株は購入することはできません。

クラスB株を持っているのは、グーグルの要人ラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリン、エリック・シュミットの3名のみで、1株で10の議決権を持つ株式となっています。

これは将来的に第三者に経営権を握られないための対策でしょう。

 

アルファベットの株価は調整中の今がチャンス?

アルファベット(GOOG)の株価チャートを見てみましょう。

直近は調整と思われる下落が起きていますが、押し目と考えています。

アルファベットの収益は広告収入が中心

アルファベットの現在の収益は、AdWordsやAdSenseなどの広告収入が主となっています。

その他の収益では、PlayストアやChromecast、ノートPC(Chromebook)、Android、Google Apps、Google Cloud Platform、Google Glass、太陽光発電所投資、AI自動車開発などがあり、今後も成長が続くと考えています。

 

アルファベット(GOOG)株をどうやって買うの?

アルファベット(GOOG)株を購入するためには、アルファベット(GOOG)株を取り扱っている証券会社に口座を開設する必要があります。

現物株を買う方法と、レバレッジをかけられるCFDで取引する方法があります。

それぞれおすすめの証券会社を紹介いたします。

こま
私は現物のアルファベット(GOOG)株を持っています。今のところはほったらかしておくつもりです。

アルファベット(GOOG)の現物株を買うならSBI証券がおすすめです!

  • 顧客満足度NO.1 ※2016年度 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券会社部門 総合第1位
  • ネット証券口座開設数NO.1 ※350万口座
  • 初めてでも安心の電話サポート
  • 業界最低水準の取引手数料

>>SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

アルファベット(GOOG)株のCFD取引ならGMOクリック証券!

GMOクリック証券はCFD(信用取引)でアルファベット(GOOG)株を取引することができます。

GMOクリック証券は、約60種類の米国株の取引ができるほか、金や原油といった商品、株価連動ETFなど138銘柄を取り扱っています。取引にかかるコストはスプレッドのみのためおすすめです。

  • 取引コストが安い!
  • 売り(ショート)から取引を始められる!
  • レバレッジをかけられる!*

*米国株を取引する場合は最大5倍まで。資金管理をしっかりしないと損失も大きくなるので注意しましょう!

ポイント

他社の場合、スプレッドが高かったり、スプレッドとは別に取引手数料がかかったりと、よりコストがかかります

>>GMOクリック証券CFD

ウェルスナビでもアルファベット(GOOG)に間接投資できます!

ウェルスナビでも、間接的にアルファベット(GOOG)へ投資することができます。

ウェルスナビの投資先の一つであるVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)は、構成銘柄にアルファベット株を入れています。

そのため、ウェルスナビで資産運用をするとアルファベット(GOOG)に投資をしていることになります。

>>WealthNavi(ウェルスナビ)のホームページはこちら

>>WealthNavi(ウェルスナビ)の概要・口座開設までの流れはこちら

【ウェルスナビ(WealthNavi)】概要と口座開設方法|AIによる全自動資産運用サービス

こんにちは!こま(@koma_piece01)です。 投資の世界では、AI(ロボアドバイザー)による全自動投資サービスが注目を集めています。その一つが「WealthNavi(ウェルスナビ)」と呼ばれる ...

続きを見る

こま
最後まで読んでいただきありがとうございました!





投資全般 米国株

2019/8/18

【米国株】ナスダック100の取引。無理にエントリーせず安値を狙いへ

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 米国株価指数の動きが安定しない状況が続いています。 私はこの局面ではCFD取引にてナスダック100を中心に取引をしています。 現状トータルではプラスになっているのですが、値動きによっては含み損になっているタイミングもあります。 できれば安値でもう少しポジションを買い増しして、高値で買っているポジションをエントリーと同値で売り抜けできれば利益も安定するのになぁと思っている今日この頃です。 こまこの記事ではナスダック100の保有ポジ ...

ReadMore

投資全般 米国株

2019/8/13

【銘柄比較】続:「VOO」と「グローバル3倍3分法ファンド」

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 以前、米国S&P500との連動を目指す、米国インデックス投資の王道ETFである「VOO(バンガード・S&P500 ETF)」と、世界の株・REIT・債券に3倍のレバレッジをかけて投資する「グローバル3倍3分法ファンド」の値動きを比較した記事を上げました。 上記の記事では、グローバル3倍3分法ファンドはVOOに比べて株価下落時に強い印象を受けました。 ということで、今回の株価下落時のタイミングではどうなのかをみてみ ...

ReadMore

投資全般 米国株

2019/8/10

【米国投資】引き続き買い増しのチャンスを探る展開。中期的には米中貿易戦争と米国政策金利に焦点

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 トランプ米大統領による対中追加関税発表をきっかけに米国株が暴落。 手持ちの銘柄も大きく影響を受けています。 こま今回は8/10時点の米国株CFD保有状況の報告記事です。

ReadMore

ポイント投資 投資全般 米国株

2019/8/7

【投資未経験者必見!】暴落中の今始める「楽天ポイント運用」「dポイント投資」

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 前回の記事では、CFD取引でのナスダック100投資のポジション取りを後悔した旨の記事を書きましたが、その後も安値を狙ってポジション取りをしています。 運良く7280での買ポジも建てることもできていたので、今後も余裕を持ちつつ安値を試す局面では新規エントリーを狙っていきたいと思います。 ただ、投資経験の少ない方の中には、値動きが読みにくい今の局面で投資をすることに抵抗があるという方もいると思います。 そんな方にオススメなのが、「楽 ...

ReadMore

投資全般 米国株

2019/8/6

【米国株】ナスダック100取引が含み益 → 損失拡大へ。後悔している2つのこと

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 FOMC後のパウエル議長のタカ派的な発言を受けて下落していた米国株ですが、私はその後株価は上昇に転じるのではと考えて、ナスダック100の買ポジションをCFD(差金決済)取引にて取りました。 その後すぐに株価は上昇に転じたため、「やったー」と内心思っていたのも束の間、トランプ米大統領が中国への関税を予告したことで株価は急降下しました。 その結果、今は含み損が出てしまっているのですが、この一連の流れの中で後悔していることが2点ありま ...

ReadMore


友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!


-投資全般, 米国株

Copyright© 30代Webディレクターこまの倹約・投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.