ブログ運営

【2019年】アドセンス関連コンテンツユニットの解放条件を考察!

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。

先日googleアドセンスにて「関連コンテンツ」ユニットが使えるようになっていました!

Googleアドセンス「関連コンテンツ」ユニットが解放!

この「関連コンテンツ」はgoogleが定める要件(非公開)を満たす必要があるということで、今回解放されたことは嬉しく思っています。

今回は、この「関連コンテンツ」が解放された状況と、具体的な解放条件について検討してみたいと思います。

こま
この記事は完全にブログ運営者向けの内容です。googleアドセンスの「関連コンテンツ」解放を目指している方の参考になれば幸いです。

 

●ブログ運営に興味のない方は、よろしければ投資関連の記事をどうぞ!

投資全般 米国株

グローバル3倍3分法ファンドとVOOの比較 新型コロナウイルスの影響は?

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 以前から何度か記事にしていますが、米国S&P500連動のETF「VOO(バンガード・S&P500 ETF) ...

投資全般 米国株

【銘柄比較】続:「VOO」と「グローバル3倍3分法ファンド」

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 以前、米国S&P500との連動を目指す、米国インデックス投資の王道ETFである「VOO(バンガード・S&P ...

ポイント投資 投資全般 米国株

【投資未経験者必見!】暴落中の今始める「楽天ポイント運用」「dポイント投資」

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 前回の記事では、CFD取引でのナスダック100投資のポジション取りを後悔した旨の記事を書きましたが、その後も安値を狙ってポ ...

投資全般 米国株

【銘柄比較】「VOO」と「グローバル3倍3分法ファンド」

こんばんは!30代Webディレクターこま(@koma_piece01)です。 今回は米国S&P500との連動を目指す、米国インデックス投資の王道ETFである「VOO(バンガード・S&P ...

投資全般 米国株

【要注意】VTの意外な弱点とは?(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)

こんばんは!30代Webディレクターのこま(@koma_piece01)です。 海外ETFの中でも特に人気のあるものの一つに、VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)があります。 これ一 ...

「関連コンテンツ」の解放条件について

googleアドセンスの公式サイトでは、「関連コンテンツ」について下記のような記載があります。

関連コンテンツ ユニットを利用するには、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。

引用:googleアドセンス ヘルプセンター

このような記載があることから、「関連コンテンツ」の解放条件に月間PVや記事数が設定されているとみている方は多いです。

 

「関連コンテンツ」解放時のPV数、記事数データ公開

それではさっそく「関連コンテンツ」解放時のデータを公開します。

 

当ブログの「関連コンテンツ」解放時のデータ

  • 直近1ヶ月のPV:約10,000
  • 記事数:255

直近1ヶ月のPVが10,000というのは、googleが関連コンテンツの解放条件として設定していそうだな~という実感があります。

というのも、記事についてはブログ開始からほぼ毎日更新を続けているのですが、PVについては5月末から伸び方が急になり10,000を達成した経緯があります。

こま
当ブログで関連コンテンツが解放されたのは、PVがきっかけになったのかなと感じます。

 

他のブログで報告されている「関連コンテンツ」解放時のデータ

他の方のブログでも、関連コンテンツが解放された際のブログデータを公開している記事がありましたのでいくつか調べてみました。

 直近1ヶ月のPV記事数
ブログA16,000126
ブログB10,000120
ブログC60,000120
ブログD60,000106
ブログE50,000200
ブログF80,000131
ブログG11,000200
ブログH6,500195
ブログI6,00079
ブログJ40,000150
ブログK10,00090
こま
それぞれの報告内容によって数値の幅がけっこうありますね。

直近1ヶ月PVの幅をどう捉えるか?

直近1ヶ月6,000PV+79記事で「関連コンテンツ」が解放されているブログもあれば、直近1ヶ月50,000PV+200記事で解放されているブログもあります。

PVが数万になって「関連コンテンツ」が解放されているブログもありますが、PVについては爆発的に上昇することもあるので、直近1ヶ月のPVが50,000でも、その1ヶ月前は5,000PVということも十分ありえます。

そういう面では直近1ヶ月10,000PVが「関連コンテンツ」解放の一つと言えそうなのですが、そうなると直近1ヶ月PVが6,000で解放されたブログは違和感が残ってしまいます。

こちらのブログでは「直近数日間は1日あたりのPVが300」という記載もありましたので、googleのいう「サイトのトラフィック量」とは、直近1ヶ月PVではなくもっと短いスパン、例えば1日あたりのPVや、一週間あたりのPVに基準が設定されているのかもしれません。

1日あたりのPVは300前後であれば、月間PVは10,000前後になるはずですから、「関連コンテンツ」解放時のデータに直近1ヶ月のPVが10,000付近のものが多いのもうなづけます。

 

記事数は100が一つの基準か

記事の数については一部79記事や90記事というデータもありますが、100記事を基準として考えておいた方が良さそうです。

200記事書いても「関連コンテンツ」が解放されない場合は、私のようにPV数が足りていない可能性があります。

一日のPV数が300程度あるかどうか確認してみましょう。

 

「関連コンテンツ」解放は300PV/日+100記事(+α)が解放条件か

以上のことから、「関連コンテンツ」解放のためには、下記の2つをまず達成しましょう。

  • 一日のPVが300、もしくは1週間のPVが2,000前後
  • 記事数100前後

上記の基準を両方満たしている場合は、記事の更新頻度や、記事の分類(カテゴリー分け)を見直してみても良いかもしれません。

 

おわりに

以上、「【2019年】アドセンス関連コンテンツユニットの解放条件を考察!」でした。

私自身「関連コンテンツ」の存在は知っていましたが、解放されるのはまだ先と思っていました。

実際に解放されてみると、googleから認められた気がして嬉しい気持ちになりました笑

今後も引き続きブログ運営を頑張っていきたいと思います!

こま
最後まで読んでいただきありがとうございました!

友だち追加

ブログ更新の連絡や気になった情報などをお知らせしています!



-ブログ運営

Copyright© 30代独身男こまの節約・投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.